行ってみないと分からない。やってみないと分からない。世界中を旅して来た経済評論家佐藤治彦が、売り出されたツアーや航空券の分析などを徹底して比較します。みなさまからのマル得ツアーや航空券などの情報も受付けます。特にANAやユナイテッド航空等のスターアライアンスのマイレージを貯めているマイラーを意識して記事を書いて参ります。安いだけじゃダメ。安くていい旅を探す旅ブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/05 Ryusan]
[12/24 NONAME]
[06/13 maxwell]
[04/03 NONAME]
[02/12 堀内明子]
[08/28 こえだ]
[06/23 佐藤よしひこ]
[06/05 mari]
[06/01 maxwell]
[03/15 megu]
[12/14 Chihiro]
[10/08 NONAME]
[08/02 mogu]
[07/14 みい]
[06/14 mogu]
[05/07 JiLL]
[05/07 きょん]
[05/03 斎藤明さんの添乗コース]
[05/01 きょん]
[02/17 mogu]
[02/05 貴田純一]
[02/04 すみこ]
[01/31 ごんべ]
[01/23 みい]
[01/19 mogu]
最新記事
(06/22)
(05/19)
(05/05)
(05/01)
(04/20)
(03/12)
(03/09)
(02/11)
(02/10)
(02/07)
(01/31)
(01/15)
(09/13)
(07/01)
(02/06)
(01/11)
(12/27)
(07/30)
(06/09)
(05/18)
(12/03)
(10/10)
(05/23)
(05/10)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐藤治彦
性別:
男性
職業:
経済評論家/演劇人
趣味:
海外旅行
自己紹介:
 この20年間は平均すると年間に平均8回は海外旅行をしている旅行好き。以前は、完全個人旅行ばかりだったが、最近はいわゆるパックツアーにも参加。おそらく年間に1000万人以上の日本人がパックツアーで海外にでかけ、そして多額のお金を使っているにも関わらず、その世界は魑魅魍魎。同じ場所に同じ時期に行くのに、価格差がメチャクチャあったりする。高けりゃいいのか。安くても大丈夫なのか?ネットでいろいろと調べても情報があまりにも少なすぎる。そして、多くの人にとって、品質と価格を比較することもほとんどできない。分からない。この参加してみなくちゃ分からないツアーに参加し、内容を克明に書き、ひとつの指針を与えたいというのが、このブログの開設意義です。
 テレビのツアー紹介番組は旅行会社とつるんでいますから信用できません。
 また、自分の行きたい旅行先のツアーを選ぶのに山ほどパンフを読み、お金にケチりながらも値段だけでなく良いものを選ぼうとしています。この旅行オタクぶりからツアーの吟味、研究もしてみたいと思います。正直、これだけ原稿料なしで書くのは、一応、原稿書きのプロとしてはありえないことなのですが、何かやってみたくて始めました。
 先ずは、最初にこのブログを読まれる前に、僕のツアー論を読んでみてください。


 僕は全日空スターアライアンスゴールドメンバーからスーパーフライヤーズメンバーに。おそらく日本で一番早くマイレージについてテレビ、ラジオで紹介した男。某大手旅行代理店で旅行企画もしたことも。そのうち国内旅行は2年間決行。参加者300名を越えるヒットツアーに。対決宣言!俺、山下マヌーさんには負けないです。リッチでなくてもプチセレブレティな旅をしたいです。ただ安いだけの旅に飽きたみなさまからの情報やご意見もお待ちしています。


今まで行った国、日本も含めて73カ国。
どっぷり行った国(訪問回数2回以上、もしくは、滞在日数2週間以上)
アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、台湾、タイ、トルコ、ベトナム、シンガポール、香港、スイス、インド、オーストリア、韓国、中国、ポーランド、チェコ、ハンガリー、オランダ、マレーシア、デンマーク、バチカン市国、ブラジル、マカオ、モロッコ、カナダ、メキシコ、フィンランド、ロシア、ギリシャ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシア、日本(38)


そこそこ行った国(5日以上)
イラク、アイルランド、南アフリカ共和国、モナコ、チュニジア、クロアチア、スロベニア、ノルウェー、ミャンマー、モンゴル、エジプト、ネパール、イスラエル、ペルー、インドネシア、ブルガリア、ルーマニア、バルト3国(エストニア、リトアニア、ラトビア)、アイスランド、キューバ、スリランカ、アラブ首長国連邦(25)

行った国(滞在日数2日以上)
スウェーデン、ボツワナ、ジンバブエ、アルゼンチン、ラオス(5)

通り過ぎた国(滞在時間半日程度)
ザンビア、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、スロバキア、ルクセンブルク(5)

これから行きたい方面、行きたいツアー。
 ケニア、シルクロード(中国)、ヨルダン、シリア、イラン、ウズベキスタンなど中央アジア、チベット(フリーチベット)アメリカ西海岸大自然ツアー、中央アメリカ、…また、ヨーロッパは奥深いので小さな都市中心にこれからどんどん深めて行きたいです。

著書/「ガイドブックにぜったい載っていない 海外パック旅行の選び方・歩き方」(アスペクト社)2012年8月発売!大好評で4刷
「アジア自由旅行」(小学館 島田雅彦氏との共著)
2014年には海外旅行本を2冊書き下ろします!

連載/海外旅行テクテク歩き LDK(晋遊舎)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/01)
(01/04)
(03/10)
(03/12)
(04/20)
(04/23)
(04/24)
(04/25)
(04/29)
(04/30)
(03/01)
(04/06)
(05/12)
(05/22)
(05/25)
(11/06)
(12/01)
(12/08)
(05/07)
(05/30)
(06/02)
(06/05)
(06/10)
(11/02)
カウンター
参加ツアー

クリスタルハート LE178

美しすぎる地中海ブルーの島

マルタ共和国 7日間 マルタ島・ゴゾ島

2018年1月25日発 旅行代金 429000円 ひとり参加8万円

なぜこのツアーを選んだか?

マルタのツアーは20万円以下のものが山ほどある。安いツアーの中身を観ると、マイルの付かない中東系のエアラインで、中東経由で長いトランジットをした後の徹夜のフライトで到着したら昼間から観光がすぐに始まる過酷なもの。7日間なのに4泊だ。そういうツアーがあってもいい。しかし、マルタは違うと思う。マルタ観光はちょっと不思議なのだ。山ほどある観光地を観に行って写真に収めてという観光とは違う。もちろん、そういう観光も十分にあるのだが、マルタの空気を楽しみにいくちょっとリゾートな観光地なのだ。観光+リゾート。そういう行き先に忙しすぎる、過酷な旅行は似つかしくない。このクリスタルハートのツアーも7日間。そして、基本料金は28万である。約10万円以上、激安ツアーと比べると高いのだが、ANA便を使ってヨーロッパ経由で初日からホテルに入れる、5泊するのだ。翌朝から身体に優しく観光できる。また、安いツアーにありがちな、絶対見逃せないポイントまでオプショナルツアーになっていたりもしない。さらに、ゴゾ島の一流ホテルにも2泊するので、ゴゾ島も漫喫できる。ゴゾ島に行くのは、スーツケースを大型バスに乗せて移動すればいいというのとちと違う。船に乗るので、別にスーツケースを運ぶだけの小型車をチャーターして送る。それも、往復になる。とても贅沢だ。激安ツアーの中には、ゴゾ島に渡る時、戻る時にフェリーに自らスーツケースを持ち込んで下さいというのもあるかもしれない。そういうことをこのツアーはさせない。さらに、今回はビジネスを利用した。ANA便をビジネスにすると、当初は48万だったのが43万円に値下された。つまりエコノミークラスに15万円プラスで欧州までのロングフライトがANAのビジネスになる。 クリスタルハートのツアーでビジネス便で43万円とは超お買い得というわけ。事実、参加者14名のうち12名がビジネスクラスを利用していた。

 このオフシーズンになんでマルタに行くの?という人もいるだろう。

 冬の南欧は最高なのである。寒くない。東京などと比べると圧倒的に暖かい。東京が5度くらいだったのだが、現地は16ー19度。旅行するのに丁度いい。南欧のシーズンと言われる5ー9月は照りつける強すぎる日射し、灼熱地獄を避けられる。オフの旅行代金で安い上に、観光客も比較的少ないのでのんびりできる。安くて観光に向いている旅行通の隠れたベストシーズンであることを間違わないように。南イタリア、スペイン、ポルトガルをこの5年あまりに1・2月に旅行して全て正解だった。このツアーも夏のシーズンもある。コミノ島で青い海にボートが浮かんだように見えるブルーラグーンというのがあるのだが、1泊増えて25万円ほど高くなる。人も多い。暑い。私は嫌だ。




総評
価格以上の十分な満足感のある高品質ツアーだった。

マルタ共和国のマルタ島とゴゾ島の主な観光地を網羅した上で、ゆとりある旅行日程なのでのんびりゆったりすることもできた。自由時間もたっぷりあるのだが、ホテルのロケーションが素晴らしく、バレッタまで歩いて5分。だから、特にバレッタを漫喫したい人には最高のものだっただろう。せっかく一流ホテルを利用するのにホテルを楽しむ時間がないものもと違って、一流ホテルも楽しめる時間も適度に確保されていた。料理も有名レストランも何回か入っていて大満足。ホテルも考えられる上でマルタツアーでの最高のものだった。添乗員もガイドも考えられる最高のものが人選されていた。

サービスは、通常の激安旅行のものとは比較に成らないほど良い。

食事も満足。料理はバラエティに富み、だからといってカロリー摂取が過剰にならないのように工夫されている。安くて美味しいだけでなく、ガイドブックに載る有名店も8食のうち3回入った。ちなみに今回の料理で一番悪かったのは、通常では考えられないが、デラックスホテルエクセルシオールホテルの朝食ブッフェだった。いつもの激安旅行では、一番美味しいのは行き帰りのANAの機内食なのに!
ホテルも概ね満足。というのも部屋に不備があり申し上げたのだが、残念ながら対応してもらえなかったからだ。これも、きちんと話して無事に解決。


お財布の問題で4泊7日で17万円のツアーにしか申込めないというのなら仕方が無いが、この5泊7日28万円(エコノミー参加の場合)出しても大して変わらないんでしょ?という人は大きな間違い。

私はこう思うのだ。
 南回りの徹夜フライトでないこと。差額3万円の価値。
 初日からホテルで1泊多い。差額1・5万円の価値
 帰国便が夕方なので、帰国日の午前中が半日フリータイム 差額1万円の価値
 高級店でのおいしい料理に加えミネラルウォーター飲み放題に、8食で1・5万円の価値。
 オプショナルツアー無しで全ての観光が網羅されていることに2万円の価値。
 ゴゾ島にも連泊し、バレッタ徒歩圏の超一流ホテルに3万円の価値。
 ゆとりある14名という参加人数でトイレ休憩も短く、ホテルもすぐに入れて2万円の価値
 いい添乗員、最高のガイドに2万円の価値
 ポーターサービスなどに1万円の価値があると思うのです。

 つまり、合計17万円激安ツアーより価値を見出しました。

フライト情報

 ANA231便/232便 成田ーブリュッセル 11時成田発、16時成田着。 
       エアマルタ 421便/420便 フライト時間は往2時間半と復路3時間
(当初行きのブリュッセルでの乗り継ぎが5時間あったので、空港の外に出ようと思ったのだが、飛行機が遅れたため、空港で待つ以外の選択肢が無くなったことが残念。帰国時は1時間20分ほどラウンジ利用できた)

利用ホテル

 初日 ゴールデンチューリップビバルディ ホテル到着は11時ごろだった。バスタブ付のいいスーペリア。朝食美味しい。
 2・3日目 ゴゾ島 ケンピンスキーサンローレンツリゾート&スパ バスタブ付豪華ホテル
 4・5日目 バレッタの入口近く(徒歩5分未満)グランドエクセルシオール バスタブ付豪華ホテル ジム24時間利用可能。

ツアーの参加者 14名 60代〜80代の夫婦4組。50代前半の男のカップル?1組。70代の女性ひとり参加、そして私である。

クリスタルハートなので、食事時のミネラルウォーター飲み放題、空港までのスーツケース往復宅配サービス、空港を含む全てのポーターサービス付。


1日目 

成田9時集合。添乗員さんが宅配で出したスーツケースを集合場所まで持って来てくれていたので、飛行機のチェックインも楽チン。今回の旅行の唯一のネックは乗り継ぎのブリュッセルの時間だ。5時間あるのだ。だから、グランプラスを観に行く予定にしていた。が、ANA便が遅れたことに加え雨天だったこともあって、ブリュッセルの街歩きは諦めた。せっかくベルギーのガイドブックを手荷物にしておいたのに、残念。エアマルタで23時過ぎホテル到着。14名なのでスムーズなチェックイン。成田で預けたスーツケースは部屋に入るまで一度も触れなかった。楽チンだ。明日は早くないのでゆっくり長風呂。

2日目 

出発が9時30分なのでゆっくり朝食。モーニングコールも7時30分。
観光開始。青の洞門クルーズ。ボート30分。本当に青かった。フリー30分あったので、土産物買う。

その後、ハジャーイム神殿見学(自由時間40分)。巨石神殿はいくつもあるので、行く前はもっといろいろと見たいと思っていたが、どれも似たり寄ったりなのでふたつくらいで十分だと納得。むしろ、地中海に浮かぶフィルフィラ島がしゃれおつ。

移動して、昼頃に古都イムディーナ到着。レストランで昼食。

イムディーナ観光。ガイドと徒歩観光で30分くらい。自由時間がさらに40分ほど。小さな街なので十分(裏道などほぼ全ての通りを歩いた)。



徒歩で隣のラバトへ。歩きながら街の雰囲気を楽しむ。地下墓地に入場見学。自由時間20分ほど。イムディーナからこうして3時間ほどの観光もあり1万歩以上の歩数とのこと。バスで移動。映画「ポパイ」のセットがアミューズメントパークに成っているのを遠方から見下ろして、チェルケウア港へ。30分のフェリーでゴソ島。途中で地中海に日が沈んでいくのを観た。
 ゴゾ島。レストランへ。コジーなレストランでショートペンネ、ローストポーク、アイスクリーム。美味しくて興奮する。レストランでのワイン3ユーロ、ビール2〜3ユーロ。ただ、ミネラルウォーターが飲み放題なので、頼む人少なめ。激安イタリア旅行での料理の不味さに辟易していたので美味しくて本当に嬉しい。ホテルへは午後8時ごろ。




3日目 

出発9時30分。高級ホテルなので朝食も大変美味しい。今日は一日ゴゾ島観光。
 奇跡の教会、タピーヌ教会(自由時間30分あり)。病気が治った、祈りに来ていたらテロの危機を奇跡的に助かったなどと言われ教会内には数々の感謝の手紙が。


島の中心チタデル。街並、城砦と大聖堂のガイドあり。その後フリータイム。多くの人は地元の買物タイム(編み物、はちみつ)など40分ほど。僕は外観観光で終ってしまったもうひとつの街中のカテドラルをを観に行く。ゴソ島のはちみつをひとつ購入。


塩田見学(写真ストップ)。ランチ。なかなか高級なハイソなレストラン。そうは思ったが、このツアーの標準だった。前菜はヤギのチーズとサラダ、タコの煮込み、野菜の添え。フルーツ。いつもは食べないヤギのチーズだが挑戦したところ、大変美味しかった。このツアー料理は当たりである。
観光続き。カリプソの洞窟(ほとんど何もなし、10分)。



もうひとつの巨石神殿見学は、ジュガンティーヤ神殿(自由時間20分ほど)。本日は8000歩くらい。ホテル到着午後4時すぎ。2時間強休憩(室内プールとスチームバス漫喫)。
午後6時半にバスで街中へ行きレストランで夕食(このレストランは安いツアーの感じのレストランだが、素朴な感じもして、こういう店も入っていないと僕はつまらない。店の感じは庶民的だが、キャロットスープ、ローストチキン、ティラミス)。ワイン1リットル9ユーロ。ツアーの人とシェア。9時ごろに就寝。

4日目 

モーニングコール7時。出発9時。フェリーでマルタ島へ。マルタ到着10時15分ごろ。なお、マルターゴゾ島間のスーツケースは別便で移動。バスごとフェリーに載らないので。スリーシスティーズ観光。ベレッテ(有名な監視塔のある公園に行くためにミニバスに乗り換え)、日本軍慰霊碑、ヴィットリオーザの散策。自由時間45分。希望者だけ猫の孤児院訪問。7名参加。ランチは高級感あるふれる店で美味しかった。


 ホテルへ。2時間ほど休憩あり。バレッタ入口まですぐなので、散策した人あり。僕は室内プールで泳ぐ。
午後7時過ぎにバスでディナーへ。サンジュリアン地区の「バラクーダ」でメインはチョイス(ビーフ、魚はオオニベ、もしくはラム)の夕食。ビーフをチョイス。前菜はペンネ、デザートはパンナコッタ。ワインも安くて美味しい。ボトルで14ユーロ。超美味しかった。
 

5日目 

9時出発。マルタ島の端にある漁村、マルサシュロックへ。フリー30分ちょい。港町で買物した。バレッタへ。アッパーバラッカガーデン。騎士団長の宮殿(タペストリーの部屋付)。その後、バレッタのカフェで超有名なカフェ・コルディーナで3コースランチ。アウトドアで気持ちいいのだがハトが大変。その後で、金ピカな聖ヨハネ大聖堂。この後は夕食まで自由行動、もしくは、ガイドさんおすすめの買物スポット巡り。買物巡りの後で、僕はバレッタ街歩き。クタクタになり、裏通りも山ほど歩き、ホテルに到着したのが午後4時過ぎ。休憩ののちプール。午後7時30分バスに乗り、再び夜のイムディーナへ。1999年まで貴族の館だったシャーラパレスで3コースディナー。アミューズ、タコのカルパッチョ、黒隊のソテー、グリーンと白アスパラ、ポテト添え。ガイドさんから好きな飲み物1杯サービス。ワインはここだけが高く確か8ユーロ。ミネラルウォーター呑み放題。デザート盛り合わせとコーヒーで2時間弱のディナー。東京で食べたら16000円くらいのイメージ。夜のイムディーナは静かで、16世紀の人も静かにこの月を見上げたのだとちょっとオセンチ。バスでホテルに戻り。部屋で明日のANAの優先チェックイン。座席を1Aに変更。



6日目 

帰国日だが、ホテルは12時までOKの午後1時までの自由行動(ただし、実施は12時30分に出発に変更)。こういうのも中東系のツアーではないのだ。ホテルのジムは24時間使えるので午前5時前にひとり泳ぐ。朝食、パッキングし10時少し前まで音楽を聴きながらのんびり。窓からはスリーシスティーズが見える。で、添乗員さんが希望者だけ実費21ユーロで湾内クルーズがあるけれどいかないか?とのことだったので参加。7名。大正解だった。



10時発。ホテル帰着は12時20分過ぎ。クルーズはホテルの桟橋につけてくれて何かハイソ。着替えてバスは午後0時40分発。



本来は帰国便へなのだが昨日、武器庫の見学がお休みのためできなかったので追加観光。もう一度バレッタの中に入り、名残おしい最後の観光へ。で、空港へ。添乗員さんは朝早くからANA便に関して参加者全員のチェックインをし、搭乗券をプリントアウトしてくれていた。このため、皆さん離れること無くベストシートで帰れるし、空港でイライラすることもない。こういうことは14名くらいのツアーであり、クリスタルハートのような高品質ツアーでの隠れたサービスだ。誰もそれに気がついていないけれど。午後4時5分発のエアマルタでブリュッセルへ3時間のフライト。エコノミーだが、25ユーロ払うと非常口席など足下ゆっくりの席をくれるというので、替えてもらってブリュッセル経由で帰国。ANAのビジネス機内食はいつものように美味しかった。

7日目

午後4時前に成田に到着。皆さん、添乗員さんに旅のお礼をして終り。びっくりしたのは、税関を出た先にクリスタルハートの旗を持った人が大きなカートと帰りの宅送のスーツケースを受け取りに来てくれていた。行く時に渡された伝票を渡しておしまい。いつものJR1000円バスで帰る。急にエコノミーな生活に戻ったが、超ラクだった。
後日、ホテルや料理の画像などをアップします。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[237] [236] [229] [235] [217] [233] [232] [234] [231] [227] [68]
忍者ブログ [PR]
CoRichブログランキング