行ってみないと分からない。やってみないと分からない。世界中を旅して来た経済評論家佐藤治彦が、売り出されたツアーや航空券の分析などを徹底して比較します。みなさまからのマル得ツアーや航空券などの情報も受付けます。特にANAやユナイテッド航空等のスターアライアンスのマイレージを貯めているマイラーを意識して記事を書いて参ります。安いだけじゃダメ。安くていい旅を探す旅ブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 NONAME]
[05/05 Ryusan]
[12/24 NONAME]
[06/13 maxwell]
[04/03 NONAME]
[02/12 堀内明子]
[08/28 こえだ]
[06/23 佐藤よしひこ]
[06/05 mari]
[06/01 maxwell]
[03/15 megu]
[12/14 Chihiro]
[10/08 NONAME]
[08/02 mogu]
[07/14 みい]
[06/14 mogu]
[05/07 JiLL]
[05/07 きょん]
[05/03 斎藤明さんの添乗コース]
[05/01 きょん]
[02/17 mogu]
[02/05 貴田純一]
[02/04 すみこ]
[01/31 ごんべ]
[01/23 みい]
最新記事
(10/29)
(10/15)
(10/10)
(10/08)
(10/06)
(10/02)
(07/25)
(07/24)
(07/20)
(05/19)
(05/05)
(05/01)
(04/20)
(03/12)
(03/09)
(02/11)
(02/10)
(02/07)
(01/31)
(01/15)
(09/13)
(07/01)
(02/06)
(01/11)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐藤治彦
性別:
男性
職業:
経済評論家/演劇人
趣味:
海外旅行
自己紹介:
 この20年間は平均すると年間に平均8回は海外旅行をしている旅行好き。以前は、完全個人旅行ばかりだったが、最近はいわゆるパックツアーにも参加。おそらく年間に1000万人以上の日本人がパックツアーで海外にでかけ、そして多額のお金を使っているにも関わらず、その世界は魑魅魍魎。同じ場所に同じ時期に行くのに、価格差がメチャクチャあったりする。高けりゃいいのか。安くても大丈夫なのか?ネットでいろいろと調べても情報があまりにも少なすぎる。そして、多くの人にとって、品質と価格を比較することもほとんどできない。分からない。この参加してみなくちゃ分からないツアーに参加し、内容を克明に書き、ひとつの指針を与えたいというのが、このブログの開設意義です。
 テレビのツアー紹介番組は旅行会社とつるんでいますから信用できません。
 また、自分の行きたい旅行先のツアーを選ぶのに山ほどパンフを読み、お金にケチりながらも値段だけでなく良いものを選ぼうとしています。この旅行オタクぶりからツアーの吟味、研究もしてみたいと思います。正直、これだけ原稿料なしで書くのは、一応、原稿書きのプロとしてはありえないことなのですが、何かやってみたくて始めました。
 先ずは、最初にこのブログを読まれる前に、僕のツアー論を読んでみてください。


 僕は全日空スターアライアンスゴールドメンバーからスーパーフライヤーズメンバーに。おそらく日本で一番早くマイレージについてテレビ、ラジオで紹介した男。某大手旅行代理店で旅行企画もしたことも。そのうち国内旅行は2年間決行。参加者300名を越えるヒットツアーに。対決宣言!俺、山下マヌーさんには負けないです。リッチでなくてもプチセレブレティな旅をしたいです。ただ安いだけの旅に飽きたみなさまからの情報やご意見もお待ちしています。


今まで行った国、日本も含めて73カ国。
どっぷり行った国(訪問回数2回以上、もしくは、滞在日数2週間以上)
アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、台湾、タイ、トルコ、ベトナム、シンガポール、香港、スイス、インド、オーストリア、韓国、中国、ポーランド、チェコ、ハンガリー、オランダ、マレーシア、デンマーク、バチカン市国、ブラジル、マカオ、モロッコ、カナダ、メキシコ、フィンランド、ロシア、ギリシャ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシア、日本(38)


そこそこ行った国(5日以上)
イラク、アイルランド、南アフリカ共和国、モナコ、チュニジア、クロアチア、スロベニア、ノルウェー、ミャンマー、モンゴル、エジプト、ネパール、イスラエル、ペルー、インドネシア、ブルガリア、ルーマニア、バルト3国(エストニア、リトアニア、ラトビア)、アイスランド、キューバ、スリランカ、アラブ首長国連邦(25)

行った国(滞在日数2日以上)
スウェーデン、ボツワナ、ジンバブエ、アルゼンチン、ラオス(5)

通り過ぎた国(滞在時間半日程度)
ザンビア、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、スロバキア、ルクセンブルク(5)

これから行きたい方面、行きたいツアー。
 ケニア、シルクロード(中国)、ヨルダン、シリア、イラン、ウズベキスタンなど中央アジア、チベット(フリーチベット)アメリカ西海岸大自然ツアー、中央アメリカ、…また、ヨーロッパは奥深いので小さな都市中心にこれからどんどん深めて行きたいです。

著書/「ガイドブックにぜったい載っていない 海外パック旅行の選び方・歩き方」(アスペクト社)2012年8月発売!大好評で4刷
「アジア自由旅行」(小学館 島田雅彦氏との共著)
2014年には海外旅行本を2冊書き下ろします!

連載/海外旅行テクテク歩き LDK(晋遊舎)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/01)
(01/04)
(03/10)
(03/12)
(04/20)
(04/23)
(04/24)
(04/25)
(04/29)
(04/30)
(03/01)
(04/06)
(05/12)
(05/22)
(05/25)
(11/06)
(12/01)
(12/08)
(05/07)
(05/30)
(06/02)
(06/05)
(06/10)
(11/02)
カウンター
オーストラリア旅行を旅して

 18年ぶりにオーストラリアを個人旅行した。海外旅行のことを山ほど書いて来たのに、人気の旅行先であるオーストラリアはほとんど記述がない。理由は簡単だ。18年前の記憶しかなければいい文章は書けないし、行ったことのあるのはシドニーだけだ。

だから、この5年間、早くオーストラリアに行きたいと思っていた。気になるツアーもあり、申込んだこともある。そして、今回はいつもパッケージツアーで行く自分が個人で手配して旅行した。その理由はオーストラリアのパック旅行代金がとても高いからだ。パック旅行の良さは、手軽に、いろんなところを、団体料金の安さで、ガイドもついて楽しめるところだ。ところが、ヨーロッパの旅行よりも高いことが多く、英語の通じる国なのだから、さすがにもう少し安く旅行できるのではないかと思っていた。2月にカンタス航空がオーストラリアとのビジネスクラスの料金を25万円で販売していたこともあり決断した。自分で旅行してみよう。
 定番の日本人の旅行コースは、ケアンズ、シドニー、ウルルである。それに、前から気になっているメルボルンも入れて行程を組んでみた。メルボルンはオーストラリアを代表する都市だし、かつグレートオーシャンロードはぜひ見たいと思ったと言うわけです。

 成田→メルボルン→エアーズロック(ウルル)→シドニー→ケアンズ→成田
 旅行した結果はやっぱりパック旅行のほうが安かった、だった。
空港から市内への移動、国内線の料金、食事代、ホテル代。観光地の入場料。どれもこれもバカ高いのだ。

 例えば、日本でも就航しているジェットスター。8000円だ5000円だと安い運賃が山ほどあるが、メルボルンからウルルまでは3万円近く、ウルルからシドニーも、シドニーからケアンズもそういった感じで、国内線3度だけで8万円を越えてしまった。
 オーストラリアの旅行はどうしても飛行機での移動が多くなる。だから、ツアー代金も高くなるのですね。納得です。

 食事を安く仕上げようと、じゃあ、今日のランチは安いスーパーでサンドイッチでも買って済ませようと思う。ところが、一番安い玉子サンドでも360円、ちょっと小洒落たものだとすぐに800円とかしてしまう。ヨーグルトは200円、飲み物も200円という具合。ビールのつまみにポテトチップでも買うかと思うと250円という具合。オージービーフをレストランで食べようとすればすぐに5000円とかになる。
 安くする方法としては、ランチを豪華に、ディナーをそこそこにということでしょうか?
ランチのスペシャルセットメニューならリーズナブルなものもたくさんありました。


 オーストラリアというえば、エアーズロック!ウルルという人も多いのではないでしょうか?これがオーストラリア旅行を高くする最大の原因ですね。3時間あまりのフライト(日本からソウルや北京に行けてしまいます)、ホテルが少なく宿泊代の異様に高いこと。これが、オーストラリア旅行を高くする問題点です。
今回、僕はエアーズロックの登頂には興味がないので、1泊だけでいいやと思ったのですが、いろいろとインターネットを探しまくってエアーズロックの観光付で見つかったのが3万円弱のもの。実はこれ、ドミトリーなんです。二段ベットのベットがふたつあるだけの4人部屋で、トイレもシャワーも付いていない。他の人が何人も寝ているので電気をつけたりネットをしたりもできない。まともな部屋を個人で手配しようとするとすぐに5万円をこえてしまう。荷物も心配です。ラッキーなことに日本人しかいない部屋だったのですが、パスポートとお金とスマホと一緒に寝ました。

 こんなのは20代のころの気ままな旅行で南イタリアのソレントのユースホステルに泊って以来30年ぶり、おそらく人生最後のそんな経験をした。こんな旅行だったのですが結局60万円くらいかかってしまったです。
 そこそこまともな物を食べ、そこそこまともな宿泊施設にとまり、ちゃんとした観光を安全快適に、安く楽しむ。やっぱりそれはパック旅行だなとつくづく感じた。
 実は今年、もう1回個人旅行をする。航空券の手配等をもうしてしまっているのでキャンセルはできない。自分の行きたいところがすでにパック旅行で安くできることが分かっている。ああ、失敗したである。

 オーストラリアの面積は西ヨーロッパ10数カ国と匹敵する。一度の旅行ではカバーできない。パース、ダーウィン、ブリスベン、そしてタスマニアと気になる都市を山ほど積み残している。メルボルンやシドニーはまた行きたい。でも、次はパック旅行で行こうと思っている。

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[247] [246] [243] [244] [245] [242] [239] [241]
忍者ブログ [PR]
CoRichブログランキング