行ってみないと分からない。やってみないと分からない。世界中を旅して来た経済評論家佐藤治彦が、売り出されたツアーや航空券の分析などを徹底して比較します。みなさまからのマル得ツアーや航空券などの情報も受付けます。特にANAやユナイテッド航空等のスターアライアンスのマイレージを貯めているマイラーを意識して記事を書いて参ります。安いだけじゃダメ。安くていい旅を探す旅ブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 maxwell]
[04/03 NONAME]
[02/12 堀内明子]
[08/28 こえだ]
[06/23 佐藤よしひこ]
[06/05 mari]
[06/01 maxwell]
[03/15 megu]
[12/14 Chihiro]
[10/08 NONAME]
[08/02 mogu]
[07/14 みい]
[06/14 mogu]
[05/07 JiLL]
[05/07 きょん]
[05/03 斎藤明さんの添乗コース]
[05/01 きょん]
[02/17 mogu]
[02/05 貴田純一]
[02/04 すみこ]
[01/31 ごんべ]
[01/23 みい]
[01/19 mogu]
[12/29 mogu]
[11/10 まゆ]
最新記事
(09/13)
(07/01)
(05/28)
(02/06)
(01/31)
(01/15)
(01/11)
(01/05)
(12/27)
(07/30)
(02/12)
(12/03)
(10/10)
(05/23)
(05/10)
(11/08)
(11/23)
(02/05)
(12/08)
(11/24)
(11/10)
(09/23)
(09/07)
(02/10)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐藤治彦
性別:
男性
職業:
経済評論家/演劇人
趣味:
海外旅行
自己紹介:
 この20年間は平均すると年間に平均8回は海外旅行をしている旅行好き。以前は、完全個人旅行ばかりだったが、最近はいわゆるパックツアーにも参加。おそらく年間に1000万人以上の日本人がパックツアーで海外にでかけ、そして多額のお金を使っているにも関わらず、その世界は魑魅魍魎。同じ場所に同じ時期に行くのに、価格差がメチャクチャあったりする。高けりゃいいのか。安くても大丈夫なのか?ネットでいろいろと調べても情報があまりにも少なすぎる。そして、多くの人にとって、品質と価格を比較することもほとんどできない。分からない。この参加してみなくちゃ分からないツアーに参加し、内容を克明に書き、ひとつの指針を与えたいというのが、このブログの開設意義です。
 テレビのツアー紹介番組は旅行会社とつるんでいますから信用できません。
 また、自分の行きたい旅行先のツアーを選ぶのに山ほどパンフを読み、お金にケチりながらも値段だけでなく良いものを選ぼうとしています。この旅行オタクぶりからツアーの吟味、研究もしてみたいと思います。正直、これだけ原稿料なしで書くのは、一応、原稿書きのプロとしてはありえないことなのですが、何かやってみたくて始めました。
 先ずは、最初にこのブログを読まれる前に、僕のツアー論を読んでみてください。


 僕は全日空スターアライアンスゴールドメンバーからスーパーフライヤーズメンバーに。おそらく日本で一番早くマイレージについてテレビ、ラジオで紹介した男。某大手旅行代理店で旅行企画もしたことも。そのうち国内旅行は2年間決行。参加者300名を越えるヒットツアーに。対決宣言!俺、山下マヌーさんには負けないです。リッチでなくてもプチセレブレティな旅をしたいです。ただ安いだけの旅に飽きたみなさまからの情報やご意見もお待ちしています。


今まで行った国、日本も含めて73カ国。
どっぷり行った国(訪問回数2回以上、もしくは、滞在日数2週間以上)
アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、台湾、タイ、トルコ、ベトナム、シンガポール、香港、スイス、インド、オーストリア、韓国、中国、ポーランド、チェコ、ハンガリー、オランダ、マレーシア、デンマーク、バチカン市国、ブラジル、マカオ、モロッコ、カナダ、メキシコ、フィンランド、ロシア、ギリシャ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシア、日本(38)


そこそこ行った国(5日以上)
イラク、アイルランド、南アフリカ共和国、モナコ、チュニジア、クロアチア、スロベニア、ノルウェー、ミャンマー、モンゴル、エジプト、ネパール、イスラエル、ペルー、インドネシア、ブルガリア、ルーマニア、バルト3国(エストニア、リトアニア、ラトビア)、アイスランド、キューバ、スリランカ、アラブ首長国連邦(25)

行った国(滞在日数2日以上)
スウェーデン、ボツワナ、ジンバブエ、アルゼンチン、ラオス(5)

通り過ぎた国(滞在時間半日程度)
ザンビア、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、スロバキア、ルクセンブルク(5)

これから行きたい方面、行きたいツアー。
 ケニア、シルクロード(中国)、ヨルダン、シリア、イラン、ウズベキスタンなど中央アジア、チベット(フリーチベット)アメリカ西海岸大自然ツアー、中央アメリカ、…また、ヨーロッパは奥深いので小さな都市中心にこれからどんどん深めて行きたいです。

著書/「ガイドブックにぜったい載っていない 海外パック旅行の選び方・歩き方」(アスペクト社)2012年8月発売!大好評で4刷
「アジア自由旅行」(小学館 島田雅彦氏との共著)
2014年には海外旅行本を2冊書き下ろします!

連載/海外旅行テクテク歩き LDK(晋遊舎)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
せっかくの休み。
少し贅沢に海外旅行を考えておられる方に注意して欲しいのは、ガイドブックはいいところしか書いていないという事実。
特に身近で価格も安い東南アジアは注意が必要です。
特に6〜10月初めは台風が頻繁に来るシーズン。



例えばパック旅行で、

台風が来て観光ができなくなった場合

お金は戻ってきません。

台風で行きや帰りの飛行機のフライトに影響が出た場合。

出発日程が遅れた場合…、
多くの場合で日程が短くなるだけ。お金は戻ってきません。
短いアジアの旅行では特に気になりますね。

帰りの飛行機が飛ばずに現地にもう1日滞在ということになった場合。

飛行機代はだいたいは大丈夫ですが、

ホテル代は自腹 

になります。
それも安い団体料金でないと、結構な価格に…。
心配なのは、飛行機の座席が取れなかった場合…。翌日すぐ帰れるとは限らないのです。

特に心配なのは、次の国々や地域です。

台湾、香港、上海、フィリピン、韓国。
ベトナムも北部のハノイなど。
マレー半島にあるタイやマレーシアのリゾート地。

案外安心なのが、カンボジア、ラオス、タイ(マレー半島のリゾートエリアを除く)です。特に山岳地帯などは山に囲まれ、台風の進路にもあまりなっていないようです。

東南アジア観光のベストシーズンは日本が寒い11月〜3月。

温暖で雨も少なくとてもいいですよ。特に1〜2月は価格も安い。
東南アジアには韓国や北京は入っていません。正月に北京に行ったら日中も零度以下で観光も何もできなかったくらいです。極寒でした。8月に上海に行ったら灼熱。中国観光は春と秋のごく短い時期以外は気候が不向きです。おすすめは4月〜6月上旬、10月。この時期は気候も丁度よく、台風も来ません。
台湾のベストシーズンは1月と春節後の2月のです。雨も少なく台風も来ない。日本に比べて温暖。過ごしやすいです。春節!先ほど、東南アジアのベストシーズンは冬と申し上げましたが、中国の旧正月シーズン(春節)は世界中何処に行っても中国になってしまいますから注意して下さい(笑)。


画像は過去の台風の進路です。

拍手[1回]

PR
私の旅行に関する本、ご希望の方に、サイン入りでお送りします。
とくに「ガイドブックにぜったい載らない海外パック旅行の選び方・歩き方」は1200円(消費税分当方負担)でお送りします。送料は164円、2冊なら送料も当方で負担します。
それ以外の書籍は定価、送料164円でお送りします。

ご希望の方は、Facebookからご連絡下さい。



本当にお値打ちな 海外パックツアーの選び方・楽しみ方
扶桑社刊  900円+ 税

お金をかけずに 海外パックツアーをもっと楽しむ本
PHP社刊  700円+ 税

ガイドブックにぜったい載らない海外パック旅行の選び方・歩き方
ガイドブックにぜったい載らない海外パック旅行の選び方・歩き方 さらに超役立ち旅テク編
アスペクト社刊
いづれも 1200円+ 税


皆さまからのご連絡をお待ちしています!




https://www.facebook.com/haruhiko.sato.773

拍手[4回]

山ほどある旅行のパンフレット。迷います、面倒です。
でも多くの人が望んでいることは、同じです。




できるだけいいツアーを、できるだけ安い価格で。
できるだけいいツアー。何にこだわって、何を捨てればいいのでしょうか?
そして、ツアーはそれに見合った安い価格なのでしょうか?

ほとんどの人が分かりません。面倒です。

だから、あなたに変わって佐藤治彦が選びました。

そりゃあ、どこそこへ行くツアー10万円.安いのは嬉しいけれど、すぐそばに、同じ時期に12万のツアーがあります。2万円高い理由を教えてよ。それが納得できるなら、12万円のツアーの方がいいなあと思う人。ぜひ読んでください。どうでもいいから、何でもいいから10万のツアーという方。役に立ちません。ネットで街で山ほど価格情報だけを集めて安いのを見つけて行ってください。

選定方法 まずは、直販方式の激安3社といわれる JTB旅物語、近畿日本ツーリスト系から発祥したが、いまは完全に独立系のクラブツーリズム、そして、阪急交通社のトラピックスの商品を見ております。さらに、日本航空系のジャルパックやAVA、ANA系列のANAハローツアー、旅行計画株式会社、ビックホリデー。JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行、ユーラシア旅行社、東急観光、阪神交通社、HISなどなど。主な旅行代理店の商品の情報収集、取材などから、選定しています。


どこからも、一円のお金ももらっていません。しかし、これだけ巨大産業になった海外旅行のパックツアーにまったく批評家がいないのが信じられません。旅行ライターはツアーの批評をしているわけではありません。テレビの旅番組、旅行商品紹介番組は、安い、スゴいと言うだけです。批判の可能性がある番組を旅行会社は取材させません。ここでは、きちんと中立の立場。旅行者の立場に立っていいものを選んで行きたいです。そして、いいツアーが、安いだけの劣悪ツアー。高いのに中身がヘナヘナなツアーを駆逐して行ってくれればいいなあと思います。


ご注意/記事は古い記事でも新しい情報や状況の変更などによって、どんどん更新していきます。特にベストツアーに関しても、どんどん変更して行きます。ただし、更新されたものでも日付は新しくなっていません。ですから、古い記事にも目を通して頂けると嬉しいです。また、このブログに書かれた記事は佐藤治彦が体験、取材、情報収集して得た情報で書かれたものですが、人によっては別の感想、評価をもたれることと思います。あくまでも個人的な意見としてお読みください。また、このブログによって何らかの不利益を被ったとしても、一切の責任を負えません。全ての事柄の最終判断はご自分の責任で行ってください。

長い間ありがとうございました! 基本的なことは本にまとめました。 最新情報は、ツイッターでご案内します!連載にも書かせて頂きます! ツイッターで個々の方の相談にも僕でよければ乗らせて頂きます。

拍手[70回]

 
 旅先の街角で出会う人口を交わすことはほとんどない。
 でもその姿を見た時に、いったいどんな人生なのか。
 どんなことに喜び悩んでいるのか。
 どんな人生が待ち受けていて、
 歩んできたのか思ってしまう。



 
クリックして頂くともう少し大きく表示されます!

アヴィニヨンのピエロと子ども

エクスアンプロバンスのストリートミュージシャン

アルルの女


カヴァイオンの昼休み

ディジョンの朝。バス待ち
ディジョンの朝にあう曲は?

笑顔の老女。ミラボー大通り

アヴィニョンの糞対策

AXプロヴァンスの子どもたち
夏は君のものだ。アルル
ご主人様!リパブリック広場 アルル

あなたと目があった瞬間。モンサンミシェル



拍手[3回]


 佐藤治彦の旅の写真などは、次をクリックしてください。そこそこ出てきます。
 クロアチア、スベロニア、トルコ、イタリア、南アフリカなど。

http://fannylife.blog43.fc2.com/blog-category-7.html

拍手[1回]

 ロングフライトをエコノミークラスで旅行しなくてはならない場合、フライト中の座席の位置は旅行を快適にするかの非常に重要な要素だ。ど真ん中の4列の真ん中とか、3列並びの真ん中とか、友達同士で行くのにバラバラとか…。6時間、時には10時間以上もほぼいなくてはならないことを考えると、どの座席で行けるかになるかが重要なのはお分かり頂けると思う。
 ツアーで行く場合には、座席は全く選べないと思っている人が多い。そんなことはない。当日、空港での変更は可能なのだ。ただし、まだ、座席が残っている時にだけ可能なのだ。
 つまり、座席が残っている時に、空港で、できるだけ自分の希望の座席に変更してもらう。これはとても重要なことだ。では、そのために何をしなくてはならないか。
 特にツアーで旅行する場合には、自分たちの座席のプライオリティは最悪になることを覚悟しなくてはならない。最悪から脱出するためには、自分のおかれた選択の自由度がどれだけあるか事前に把握しておく必要がある。先ずは、1週間くらい前になれば確定する航空会社とフライトから、そのフライトの座席がどのくらい空いているのかをチェックしたい。幸い、各航空会社はインターネットで申し込める時代。たいていは座席指定までネットでできる。購入サイトで、座席の空きを確認すればいいのだ。
 そこで空席が多く、選択の余裕がありそうなら、2時間半前に。ほぼ満杯に近いフライトなら3時間以上前にいって、とっとと手続きをすませ、できるだけ早くボーディングパスをもらって、それからツアーの会社、もしくは、航空会社に自分の希望を言って直接掛け合おう。たいてい、空いている席の中から希望のものに変更してもらえる。
 成田に数時間早くついても大丈夫。スターアライアンスのゴールドなら、ラウンジでゆっくりすればいいし。海外よりも安いことが多いブランド品を買ってもいいし、本屋の立ち読みで、もしくは本屋で本でも買って時間をつぶしてもいい。結構簡単に時間が過ぎて行く。

拍手[5回]

 

 旅先を選ぶ時に、もちろん各々の目玉を見つけて選びます。
 京都に行くなら金閣寺や清水寺は落とせないよなあみたいに思いますもんね。
 北京に行くなら、天安門広場と故宮、万里の長城
 パリに行くなら,シャンゼリゼ、凱旋門、エフェル塔、カルチェラタン。

 でも、有名な場所は、偉い写真家や、テレビクルーが時間もお金もかけて最高の部分を既に見せてくれています。だから、僕はその場所自身には10分もいれば飽きてしまいます。
 それよりは、それがある。それを大切にしてきた街の文化、人、気候。ひと言で言えば空気に興味があります。その街の片隅に短い時間でも、やってきた観光客であったとしても、その街の一部に溶け込んで、街の空気にどっぷりと浸かって、行かなくては分からない何かを体験してきたいと思うのです。

 僕にとっての旅は、その街、その場所にいることです。
 そこの空気を吸い、街の人がいくレストランやバーで佇み、本屋に入り、スーパーで買物をする。
 電車やバスに乗り映画や芝居をみてみる。散歩をし、雨に振られ、太陽を楽しむ。

 僕にとってはそれが、旅の醍醐味です。

でも、知らない街です。危険は嫌です。少しならいいのですが、何時間も迷って不安になるのも嫌です。街の上流階級のようにお金を湯水のように使うのも嫌です。それから、旅に行く前に山ほど予習、勉強して行くのも嫌です。行ってみて、自分で感じたい。思いたいのです。

 今までパックツアーを選んで来なかったのは、便利だし、安いし、いっぱい見られるし、ラクチンだし、いろんな利点があるにも関わらず、僕が体験したい「街の空気を吸い,街に溶け込む」。その日だけでも街の住民になることはできないと感じて来たからです。

 しかし、ちょいと工夫すればパックツアーでも僕の求めることが実現できるのではないか_?

 素敵な自分オリジナルの旅をすることができるのではないか?

 本当に無理なのか。いや、どうやったらそうなれるだろう。そう考えて、パックツアーに参加し始めたのです。

 このブログは、そんな思いで始めました。
 
 
 

拍手[6回]

 日本の旅行代理店はやっぱりすごいと思っているんです。こんなに安く、こんなに便利に旅行を作ってくれている。日本語しか話せない60歳以上のわがままな旅行者を大量にいろんなところに連れて行ってくれる。スゴいです。でも、でもですね。もう1歩だと思っていませんか?
 皆さんが海外に出た初めてのことを思い出してください。文化の違い、考え方の違い、いろんな違い。それを知ることでどれだけ新鮮な思いを思ったことか!!!!
 自分と違う人の生き方も認め受け入れられるようになったのは、僕は受験競争にまみれた日本の教育現場からではありません。日本が豊かな時に貧しい国や僕の祖国を嫌う国もみて、でもそこに素晴らしい価値観を発見する。素敵な人を発見する。自分と違う常識の世界の中で揉まれてちょっとした苦労。でも、そこにいる人は決して嫌な人ではないと知った時。この人たちと仲良く共存したいと感じるとき。ただ自分と違う価値観、文化の中で育って来ただけで根っこは人間として共通のものがあると実感したものです。そして、世界は平和でなくてはいけないのだと確信したものです。
 海外を旅行することは、日本の良さを知ることであり、日本の中で自分と違う価値観や行動学をもつ人のことも受け入れるヒントを見つけることでもある。そして、世界中の人を愛することなんです。どんな国もどんな場所でも、人々が一生懸命生きていて、家族やコミュニティを大切にし誇りに思い、素敵な笑顔がある。そうしたいろんな人を知ることで、いろんな場所をみることで、世界平和について心から大切に思えるようにもなる。それが旅の醍醐味だと思っているんです。
 旅行先で見たあの人たちがあの笑顔で挨拶した人たちが、いま飢えているかもしれない。生死の淵にあるのかもしれない。そうリアルに思えるようになるのは、旅行するからです。
 自分の国のことだけでなく、よその国の自然も文化も守りたい。そう思えることの素晴らしさ。
 

 旅行代理店のやっていることは、本当の意味での民間外交であり、外務省がやるよりもずーーーっとでかいことなんです。でも、そのためにももう1歩踏み出したツアーを作ってくれませんか?
 一生懸命働いたお金で出かける貴重な海外体験。そこで、本当の感動を見つけるための場を作ってもらえませんか?
 それは、名所旧跡であるのかもしれませんが、実はひとりひとりの旅行者が出会うことで得るものです。そんための感動作りにもう1歩踏み出して欲しい。そう思って仕方がありません。
 僕がこのブログで選んでいるベストツアーは、いろんな基準がありますが、根底には、このツアーには本当の感動、本当の経験をするチャンスがどれだけあるのだろう?そのことを常に思っているのです。

拍手[5回]

忍者ブログ [PR]
CoRichブログランキング