行ってみないと分からない。やってみないと分からない。世界中を旅して来た経済評論家佐藤治彦が、売り出されたツアーや航空券の分析などを徹底して比較します。みなさまからのマル得ツアーや航空券などの情報も受付けます。特にANAやユナイテッド航空等のスターアライアンスのマイレージを貯めているマイラーを意識して記事を書いて参ります。安いだけじゃダメ。安くていい旅を探す旅ブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 maxwell]
[04/03 NONAME]
[02/12 堀内明子]
[08/28 こえだ]
[06/23 佐藤よしひこ]
[06/05 mari]
[06/01 maxwell]
[03/15 megu]
[12/14 Chihiro]
[10/08 NONAME]
[08/02 mogu]
[07/14 みい]
[06/14 mogu]
[05/07 JiLL]
[05/07 きょん]
[05/03 斎藤明さんの添乗コース]
[05/01 きょん]
[02/17 mogu]
[02/05 貴田純一]
[02/04 すみこ]
[01/31 ごんべ]
[01/23 みい]
[01/19 mogu]
[12/29 mogu]
[11/10 まゆ]
最新記事
(02/10)
(02/09)
(01/15)
(12/25)
(12/07)
(09/13)
(07/01)
(05/28)
(02/06)
(01/31)
(01/11)
(01/05)
(12/27)
(07/30)
(06/09)
(05/18)
(02/12)
(12/03)
(10/10)
(05/23)
(05/10)
(11/08)
(11/23)
(08/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐藤治彦
性別:
男性
職業:
経済評論家/演劇人
趣味:
海外旅行
自己紹介:
 この20年間は平均すると年間に平均8回は海外旅行をしている旅行好き。以前は、完全個人旅行ばかりだったが、最近はいわゆるパックツアーにも参加。おそらく年間に1000万人以上の日本人がパックツアーで海外にでかけ、そして多額のお金を使っているにも関わらず、その世界は魑魅魍魎。同じ場所に同じ時期に行くのに、価格差がメチャクチャあったりする。高けりゃいいのか。安くても大丈夫なのか?ネットでいろいろと調べても情報があまりにも少なすぎる。そして、多くの人にとって、品質と価格を比較することもほとんどできない。分からない。この参加してみなくちゃ分からないツアーに参加し、内容を克明に書き、ひとつの指針を与えたいというのが、このブログの開設意義です。
 テレビのツアー紹介番組は旅行会社とつるんでいますから信用できません。
 また、自分の行きたい旅行先のツアーを選ぶのに山ほどパンフを読み、お金にケチりながらも値段だけでなく良いものを選ぼうとしています。この旅行オタクぶりからツアーの吟味、研究もしてみたいと思います。正直、これだけ原稿料なしで書くのは、一応、原稿書きのプロとしてはありえないことなのですが、何かやってみたくて始めました。
 先ずは、最初にこのブログを読まれる前に、僕のツアー論を読んでみてください。


 僕は全日空スターアライアンスゴールドメンバーからスーパーフライヤーズメンバーに。おそらく日本で一番早くマイレージについてテレビ、ラジオで紹介した男。某大手旅行代理店で旅行企画もしたことも。そのうち国内旅行は2年間決行。参加者300名を越えるヒットツアーに。対決宣言!俺、山下マヌーさんには負けないです。リッチでなくてもプチセレブレティな旅をしたいです。ただ安いだけの旅に飽きたみなさまからの情報やご意見もお待ちしています。


今まで行った国、日本も含めて73カ国。
どっぷり行った国(訪問回数2回以上、もしくは、滞在日数2週間以上)
アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、台湾、タイ、トルコ、ベトナム、シンガポール、香港、スイス、インド、オーストリア、韓国、中国、ポーランド、チェコ、ハンガリー、オランダ、マレーシア、デンマーク、バチカン市国、ブラジル、マカオ、モロッコ、カナダ、メキシコ、フィンランド、ロシア、ギリシャ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシア、日本(38)


そこそこ行った国(5日以上)
イラク、アイルランド、南アフリカ共和国、モナコ、チュニジア、クロアチア、スロベニア、ノルウェー、ミャンマー、モンゴル、エジプト、ネパール、イスラエル、ペルー、インドネシア、ブルガリア、ルーマニア、バルト3国(エストニア、リトアニア、ラトビア)、アイスランド、キューバ、スリランカ、アラブ首長国連邦(25)

行った国(滞在日数2日以上)
スウェーデン、ボツワナ、ジンバブエ、アルゼンチン、ラオス(5)

通り過ぎた国(滞在時間半日程度)
ザンビア、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、スロバキア、ルクセンブルク(5)

これから行きたい方面、行きたいツアー。
 ケニア、シルクロード(中国)、ヨルダン、シリア、イラン、ウズベキスタンなど中央アジア、チベット(フリーチベット)アメリカ西海岸大自然ツアー、中央アメリカ、…また、ヨーロッパは奥深いので小さな都市中心にこれからどんどん深めて行きたいです。

著書/「ガイドブックにぜったい載っていない 海外パック旅行の選び方・歩き方」(アスペクト社)2012年8月発売!大好評で4刷
「アジア自由旅行」(小学館 島田雅彦氏との共著)
2014年には海外旅行本を2冊書き下ろします!

連載/海外旅行テクテク歩き LDK(晋遊舎)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/01)
(01/04)
(03/10)
(03/12)
(04/20)
(04/23)
(04/24)
(04/25)
(04/29)
(04/30)
(03/01)
(04/06)
(05/12)
(05/22)
(05/25)
(11/06)
(12/01)
(12/08)
(05/07)
(05/30)
(06/02)
(06/05)
(06/10)
(11/02)
カウンター

利用ホテルの全体の感想

 理想的このレベルのツアーの利用ホテルとしては、理想的なホテルばかりが用意されていた。カクヤス呂后なのだから、多くは望んでいない。でも、こういった快適な旅のパーツをきちんと組み合わせてくれることが、ツアー会社に求められることなのだ。何しろ、最終旅程表が来るまで何処のホテルか分からないのだから。クラブツーリズムの誠実さを感じた。
 最後のワルシャワの2連泊のホテルなど、帰国前にゆったりできて嬉しい。中心部へのアクセスが便利な上に、ホテルの部屋も清潔快適。何か不満を言うとすると、衛星放送が見られないこととか、エレベーターから遠い部屋だったとか。つまりほとんどない。



2010年5月18日
 グダニスク郊外のノボテルマリーナ

オーシャンビューの窓から思うことは1939年9月にこの海で第二次世界大戦がはじまったということ。ナチスの暴走はここから始まったということだ。
シーズンオフなので宿泊料も安いのだろう。決して豪華ホテルではないが、室内のクオリティは決して悪くない。24時間つかえるパソコン環境あり便利。中欧でもハンガリーやチェコのホテルはWifi以外は一日2000円くらいの利用料が必要だったりするのだが、ポーランドの事情はもう少し正常。部屋番号817
 小さいながらもバスタブ、お湯はたっぷり使え、洗面所もそこそこの大きさがあり不便なし。

ミニバー完備で東京から持ってきた飲み物も冷やせた。ベットも堅く気持ちいい。ティーバックと湯沸かし器が用意されていたのも嬉しかった。朝食のビッフェも十分。ポーランド料理もあって満足。
夜9時まで地下に温水プールにサウナ。宿泊者は無料。部屋からタオルを持参とのこと。

5月19日メルキュールヘリオス。  部屋番号115

 トルンの旧市街から徒歩3分最高のロケーションにありながらアメリカンタイプの快適な部屋で、これがスタンダードレベルのホテルとはクラブツーリズムのホテルランクは、阪急交通社と比べるといいなあ。到着したら部屋でケーブル使ってネットやり放題だったので、夜はでかけなかったが、朝30分の散歩で相当楽しめた。やはり、街を自由にそぞろ歩きして旅の気分はもりあがる。ロビーにも自由に使えるパソコンあり。

 部屋はごらんのとおりに豪奢ではないが、快適で、小さいながらのバスタブ、お湯はすぐに幾らでもでてきた。
冷蔵庫が使え、ベットも一級。朝のブッフェは追加がほとんどないので、早めに取りに行くこと。お勧めはポーランド名物料理のキャベツロール。野菜も果物も多くて完璧。



5月20日
 ヴロツロフホテル。新市街のロケーションの大型ホテルあまり新しいホテルではない。ロケーションは観光には適さないが悪くもない。時間があればオペラ座など近いのでいろいろと楽しいだろう。部屋番号1023 
外観はきたなく期待をしぼませる。古いホテルを感じさせるし、確かに部屋も設備も古いのだがメンテナンスがしっかりしていて最低限の不快さはなく、むしろ心がこもったメンテに気持ちが和んだ。
ベットのスプリングがあまり良くないのが気になるくらい。
だたし、古いだけにバスタブも大きい。お湯もたっぷり出てくるので、ゆったり浸かれる。ただし、シャンプーや石鹸は2級品なので、持参したい。冷蔵庫はあるが電源が切られているので自分でいれなくてはいけない。ところが電源の入れ方が分かりにくいので早めに添乗員の助けを借りるといいだろう。部屋は無線があってパソコンやり放題。無料でパスワードを受付でもらえる。1階のパソコンは有料。
 朝のブッフェは合格点すれすれ。野菜を中心にどうぞ。ホテルから1分くらいのところに、スーパーあり。夜10時までの営業で庶民的で価格も安い。ちょっとしたお土産を買うのは最高。
 僕はおみやげに、ガチョウのパテ、ポーランド製チョコ、ポーランドの粉末スープなどを買う。
 周りをバスなどが通っており徒歩圏にトラムもあり、自由なそぞろ歩きも十分可能なツアーとしては合格点以上のホテル。


5月21日
 クラコフのホテルはシンポジウム。2連泊。
部屋番号423 連泊の部屋なので外観を見たときにはがっかし。しかし、屋内や部屋の中はとてもきれいでネット環境、ミニバー、ベット、洗面所なども完備。
十分な大きさもあり、新しくきれい。ガス入り、ガスなしの水が1本ずつサービス。飲み干すと翌日もサービスされていた。冷蔵庫に入れてもいれなくてもおいしく飲めた。ベットも合格。硬いが適度のスプリング、枕、掛け布団もオーケー。ただし、シャワーのみ。旅の最終地はバスタブが欲しいが、そうでないので、特に不満はない。地下のスパは良いらしいのだが、改装中だった。到着時にはお湯がでなかったので、朝シャワー。歩いてすぐのところに24時間オープンの大型スーパー「TESCO」あり。ここも土産物を買うのにいい。


5月23日
 ワルシャワも連泊。ヤンチェチ ソビエスキホテル。初めてスーペリアクラスのホテル。快適さが増す。 
部屋番号361 ロケーションは中央駅からトラムで2駅。多くのトラムが停まる駅の目の前にある大変便利なホテルで、
中心部までトラムに乗れば5分で到着。トラムは24時間券(使い始めてから24時間使える)が9ズロチ。とても安くて便利。受付の人の応対もテキパキしていて旅行者が英語さえ話せれば問題は何もない。
 
部屋は美しく、バスタブは大きく深いのでたっぷりのお湯で疲れをとることができる。シャンプーなどのアニメティが弱いが、自分でもってきたものを使うので問題なし。ベットは安ホテルのそれとは違う。テレビやミニバー、ネット環境も完備なので、快適で疲れの取れるホテルライフも楽しめるはず。2本の無料の水もうれしく。レストランもきれい。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[109] [107] [84] [88] [87] [85] [89] [111] [78] [74] [114]
忍者ブログ [PR]
CoRichブログランキング