行ってみないと分からない。やってみないと分からない。世界中を旅して来た経済評論家佐藤治彦が、売り出されたツアーや航空券の分析などを徹底して比較します。みなさまからのマル得ツアーや航空券などの情報も受付けます。特にANAやユナイテッド航空等のスターアライアンスのマイレージを貯めているマイラーを意識して記事を書いて参ります。安いだけじゃダメ。安くていい旅を探す旅ブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 maxwell]
[04/03 NONAME]
[02/12 堀内明子]
[08/28 こえだ]
[06/23 佐藤よしひこ]
[06/05 mari]
[06/01 maxwell]
[03/15 megu]
[12/14 Chihiro]
[10/08 NONAME]
[08/02 mogu]
[07/14 みい]
[06/14 mogu]
[05/07 JiLL]
[05/07 きょん]
[05/03 斎藤明さんの添乗コース]
[05/01 きょん]
[02/17 mogu]
[02/05 貴田純一]
[02/04 すみこ]
[01/31 ごんべ]
[01/23 みい]
[01/19 mogu]
[12/29 mogu]
[11/10 まゆ]
最新記事
(07/01)
(05/28)
(02/09)
(02/06)
(01/31)
(01/15)
(01/11)
(01/05)
(12/27)
(07/30)
(02/12)
(12/03)
(10/10)
(05/23)
(05/10)
(11/08)
(11/23)
(02/05)
(12/08)
(11/24)
(11/10)
(09/23)
(09/07)
(02/10)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐藤治彦
性別:
男性
職業:
経済評論家/演劇人
趣味:
海外旅行
自己紹介:
 この20年間は平均すると年間に平均8回は海外旅行をしている旅行好き。以前は、完全個人旅行ばかりだったが、最近はいわゆるパックツアーにも参加。おそらく年間に1000万人以上の日本人がパックツアーで海外にでかけ、そして多額のお金を使っているにも関わらず、その世界は魑魅魍魎。同じ場所に同じ時期に行くのに、価格差がメチャクチャあったりする。高けりゃいいのか。安くても大丈夫なのか?ネットでいろいろと調べても情報があまりにも少なすぎる。そして、多くの人にとって、品質と価格を比較することもほとんどできない。分からない。この参加してみなくちゃ分からないツアーに参加し、内容を克明に書き、ひとつの指針を与えたいというのが、このブログの開設意義です。
 テレビのツアー紹介番組は旅行会社とつるんでいますから信用できません。
 また、自分の行きたい旅行先のツアーを選ぶのに山ほどパンフを読み、お金にケチりながらも値段だけでなく良いものを選ぼうとしています。この旅行オタクぶりからツアーの吟味、研究もしてみたいと思います。正直、これだけ原稿料なしで書くのは、一応、原稿書きのプロとしてはありえないことなのですが、何かやってみたくて始めました。
 先ずは、最初にこのブログを読まれる前に、僕のツアー論を読んでみてください。


 僕は全日空スターアライアンスゴールドメンバーからスーパーフライヤーズメンバーに。おそらく日本で一番早くマイレージについてテレビ、ラジオで紹介した男。某大手旅行代理店で旅行企画もしたことも。そのうち国内旅行は2年間決行。参加者300名を越えるヒットツアーに。対決宣言!俺、山下マヌーさんには負けないです。リッチでなくてもプチセレブレティな旅をしたいです。ただ安いだけの旅に飽きたみなさまからの情報やご意見もお待ちしています。


今まで行った国、日本も含めて73カ国。
どっぷり行った国(訪問回数2回以上、もしくは、滞在日数2週間以上)
アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、台湾、タイ、トルコ、ベトナム、シンガポール、香港、スイス、インド、オーストリア、韓国、中国、ポーランド、チェコ、ハンガリー、オランダ、マレーシア、デンマーク、バチカン市国、ブラジル、マカオ、モロッコ、カナダ、メキシコ、フィンランド、ロシア、ギリシャ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシア、日本(38)


そこそこ行った国(5日以上)
イラク、アイルランド、南アフリカ共和国、モナコ、チュニジア、クロアチア、スロベニア、ノルウェー、ミャンマー、モンゴル、エジプト、ネパール、イスラエル、ペルー、インドネシア、ブルガリア、ルーマニア、バルト3国(エストニア、リトアニア、ラトビア)、アイスランド、キューバ、スリランカ、アラブ首長国連邦(25)

行った国(滞在日数2日以上)
スウェーデン、ボツワナ、ジンバブエ、アルゼンチン、ラオス(5)

通り過ぎた国(滞在時間半日程度)
ザンビア、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、スロバキア、ルクセンブルク(5)

これから行きたい方面、行きたいツアー。
 ケニア、シルクロード(中国)、ヨルダン、シリア、イラン、ウズベキスタンなど中央アジア、チベット(フリーチベット)アメリカ西海岸大自然ツアー、中央アメリカ、…また、ヨーロッパは奥深いので小さな都市中心にこれからどんどん深めて行きたいです。

著書/「ガイドブックにぜったい載っていない 海外パック旅行の選び方・歩き方」(アスペクト社)2012年8月発売!大好評で4刷
「アジア自由旅行」(小学館 島田雅彦氏との共著)
2014年には海外旅行本を2冊書き下ろします!

連載/海外旅行テクテク歩き LDK(晋遊舎)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
 ロングフライトをエコノミークラスで旅行しなくてはならない場合、フライト中の座席の位置は旅行を快適にするかの非常に重要な要素だ。ど真ん中の4列の真ん中とか、3列並びの真ん中とか、友達同士で行くのにバラバラとか…。6時間、時には10時間以上もほぼいなくてはならないことを考えると、どの座席で行けるかになるかが重要なのはお分かり頂けると思う。
 ツアーで行く場合には、座席は全く選べないと思っている人が多い。そんなことはない。当日、空港での変更は可能なのだ。ただし、まだ、座席が残っている時にだけ可能なのだ。
 つまり、座席が残っている時に、空港で、できるだけ自分の希望の座席に変更してもらう。これはとても重要なことだ。では、そのために何をしなくてはならないか。
 特にツアーで旅行する場合には、自分たちの座席のプライオリティは最悪になることを覚悟しなくてはならない。最悪から脱出するためには、自分のおかれた選択の自由度がどれだけあるか事前に把握しておく必要がある。先ずは、1週間くらい前になれば確定する航空会社とフライトから、そのフライトの座席がどのくらい空いているのかをチェックしたい。幸い、各航空会社はインターネットで申し込める時代。たいていは座席指定までネットでできる。購入サイトで、座席の空きを確認すればいいのだ。
 そこで空席が多く、選択の余裕がありそうなら、2時間半前に。ほぼ満杯に近いフライトなら3時間以上前にいって、とっとと手続きをすませ、できるだけ早くボーディングパスをもらって、それからツアーの会社、もしくは、航空会社に自分の希望を言って直接掛け合おう。たいてい、空いている席の中から希望のものに変更してもらえる。
 成田に数時間早くついても大丈夫。スターアライアンスのゴールドなら、ラウンジでゆっくりすればいいし。海外よりも安いことが多いブランド品を買ってもいいし、本屋の立ち読みで、もしくは本屋で本でも買って時間をつぶしてもいい。結構簡単に時間が過ぎて行く。

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[25] [23] [93] [118] [120] [12] [13] [35] [52]
忍者ブログ [PR]
CoRichブログランキング