行ってみないと分からない。やってみないと分からない。世界中を旅して来た経済評論家佐藤治彦が、売り出されたツアーや航空券の分析などを徹底して比較します。みなさまからのマル得ツアーや航空券などの情報も受付けます。特にANAやユナイテッド航空等のスターアライアンスのマイレージを貯めているマイラーを意識して記事を書いて参ります。安いだけじゃダメ。安くていい旅を探す旅ブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[06/13 maxwell]
[04/03 NONAME]
[02/12 堀内明子]
[08/28 こえだ]
[06/23 佐藤よしひこ]
[06/05 mari]
[06/01 maxwell]
[03/15 megu]
[12/14 Chihiro]
[10/08 NONAME]
[08/02 mogu]
[07/14 みい]
[06/14 mogu]
[05/07 JiLL]
[05/07 きょん]
[05/03 斎藤明さんの添乗コース]
[05/01 きょん]
[02/17 mogu]
[02/05 貴田純一]
[02/04 すみこ]
[01/31 ごんべ]
[01/23 みい]
[01/19 mogu]
[12/29 mogu]
[11/10 まゆ]
最新記事
(02/10)
(02/09)
(01/15)
(12/25)
(12/07)
(09/13)
(07/01)
(05/28)
(02/06)
(01/31)
(01/11)
(01/05)
(12/27)
(07/30)
(06/09)
(05/18)
(02/12)
(12/03)
(10/10)
(05/23)
(05/10)
(02/04)
(11/08)
(11/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐藤治彦
性別:
男性
職業:
経済評論家/演劇人
趣味:
海外旅行
自己紹介:
 この20年間は平均すると年間に平均8回は海外旅行をしている旅行好き。以前は、完全個人旅行ばかりだったが、最近はいわゆるパックツアーにも参加。おそらく年間に1000万人以上の日本人がパックツアーで海外にでかけ、そして多額のお金を使っているにも関わらず、その世界は魑魅魍魎。同じ場所に同じ時期に行くのに、価格差がメチャクチャあったりする。高けりゃいいのか。安くても大丈夫なのか?ネットでいろいろと調べても情報があまりにも少なすぎる。そして、多くの人にとって、品質と価格を比較することもほとんどできない。分からない。この参加してみなくちゃ分からないツアーに参加し、内容を克明に書き、ひとつの指針を与えたいというのが、このブログの開設意義です。
 テレビのツアー紹介番組は旅行会社とつるんでいますから信用できません。
 また、自分の行きたい旅行先のツアーを選ぶのに山ほどパンフを読み、お金にケチりながらも値段だけでなく良いものを選ぼうとしています。この旅行オタクぶりからツアーの吟味、研究もしてみたいと思います。正直、これだけ原稿料なしで書くのは、一応、原稿書きのプロとしてはありえないことなのですが、何かやってみたくて始めました。
 先ずは、最初にこのブログを読まれる前に、僕のツアー論を読んでみてください。


 僕は全日空スターアライアンスゴールドメンバーからスーパーフライヤーズメンバーに。おそらく日本で一番早くマイレージについてテレビ、ラジオで紹介した男。某大手旅行代理店で旅行企画もしたことも。そのうち国内旅行は2年間決行。参加者300名を越えるヒットツアーに。対決宣言!俺、山下マヌーさんには負けないです。リッチでなくてもプチセレブレティな旅をしたいです。ただ安いだけの旅に飽きたみなさまからの情報やご意見もお待ちしています。


今まで行った国、日本も含めて73カ国。
どっぷり行った国(訪問回数2回以上、もしくは、滞在日数2週間以上)
アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、台湾、タイ、トルコ、ベトナム、シンガポール、香港、スイス、インド、オーストリア、韓国、中国、ポーランド、チェコ、ハンガリー、オランダ、マレーシア、デンマーク、バチカン市国、ブラジル、マカオ、モロッコ、カナダ、メキシコ、フィンランド、ロシア、ギリシャ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシア、日本(38)


そこそこ行った国(5日以上)
イラク、アイルランド、南アフリカ共和国、モナコ、チュニジア、クロアチア、スロベニア、ノルウェー、ミャンマー、モンゴル、エジプト、ネパール、イスラエル、ペルー、インドネシア、ブルガリア、ルーマニア、バルト3国(エストニア、リトアニア、ラトビア)、アイスランド、キューバ、スリランカ、アラブ首長国連邦(25)

行った国(滞在日数2日以上)
スウェーデン、ボツワナ、ジンバブエ、アルゼンチン、ラオス(5)

通り過ぎた国(滞在時間半日程度)
ザンビア、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、スロバキア、ルクセンブルク(5)

これから行きたい方面、行きたいツアー。
 ケニア、シルクロード(中国)、ヨルダン、シリア、イラン、ウズベキスタンなど中央アジア、チベット(フリーチベット)アメリカ西海岸大自然ツアー、中央アメリカ、…また、ヨーロッパは奥深いので小さな都市中心にこれからどんどん深めて行きたいです。

著書/「ガイドブックにぜったい載っていない 海外パック旅行の選び方・歩き方」(アスペクト社)2012年8月発売!大好評で4刷
「アジア自由旅行」(小学館 島田雅彦氏との共著)
2014年には海外旅行本を2冊書き下ろします!

連載/海外旅行テクテク歩き LDK(晋遊舎)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/01)
(01/04)
(03/10)
(03/12)
(04/20)
(04/23)
(04/24)
(04/25)
(04/29)
(04/30)
(03/01)
(04/06)
(05/12)
(05/22)
(05/25)
(11/06)
(12/01)
(12/08)
(05/07)
(05/30)
(06/02)
(06/05)
(06/10)
(11/02)
カウンター
全食事紹介 阪急/JALビジネスクラスで行く 南米世界遺産紀行12日間

それでは12日間の南米旅行で出た機内食と朝食以外の食事をご紹介しましょう。

全体の感想 阪急交通社の激安ツアーの料理なので期待しないでいたら、なかなかいい事も多くちょっと驚いた。それだけに、いつもの阪急レベルの食事がでるとがっかりした。

1日目はサンフランシスコの空港ホテルでの宿泊。今宵は弁当が出るとのことだった。出たのは次のボリュームのスゴい弁当。これに缶の緑茶がつく。みんなそのでかさに驚いていた。食べきれない人多し。味もまあまあ。
大ボリュームのアメリカンサイズの和食弁当。



2日目は移動日で食事は機内食。ラン航空エコノミーの機内食は哀しい機内食なので、朝食をたっぷり食べておいた方がいいですよ!

3日目 ブエノスアイレスでのランチ 

昼食は300グラムの巨大ステーキに驚く。
ブエノスアイレスの街中にあるレストラン Las Nazarenas
http://www.lasnazarenas.com.ar/english/index.html

2階建ての立派なレストランで入り口にはご覧のようなディスプレイが。


炭焼きで焼き上げるサーロインステーキは日本の霜降り牛肉とは違った牛本来の力強さがある。しかし、サンフランシスコを発って徹夜の長旅、ブエノスアイレスの観光を終えたばかりの腹にはちょっとハードだったかも。美味しいものの多くの方が残すはめに。これなら機内食をパスしておけば良かった?



前菜はミートパイ、チョリソ、チーズグリル、野菜サラダ。

メイン
は牛肉のアサード 炭火焼のサーロインステーキ


デザートはアイスクリームなど、コーヒー付

飲物情報 南米はビールが5−6ドルで1ドル80円以下の現在は安価。ワインはそこそこ高く8ドル以上の事も多いのでワイン好きはビールとほぼ同じ値段時が飲むチャンスかも?ソフトドリンクは4ドル前後が多い。ただし、朝ご飯で出てくる飲み物ばかりでちょっとつまらないかも。


はホテル「ビアレ カタラタス」での食事
良質なコース料理に納得

前菜 サラダ

メイン チキン料理 温野菜添え

デザート アイスクリームとフルーツ

<感想>量は決して多くないが良心的な作り方でツアー料理の寂しさは無かった。合格点

4日目
ランチ イグアスの滝、ブラジル側公園内のブッフェレストラン 
Porto Carioas

肉や魚もいいが、巨大なサラダバーと美味しいフルーツに注目!
いい座席の確保も重要ですよ!





<感想>最終旅程表ではシュラスコ料理となっていたのだが、ブッフェというよりバイキング。まあシュラスコ的な料理もあったので良しとしましょう。このレストラン座席によって店のすぐ外を流れるイグアス川が観られたりするし、滝のしぶきがあがっているのも食事をしながら楽しめるので、座席の確保は早めにどうぞ。また、陽射しにも注意!


は3日目と同じホテル ビアレ カタラタス内ホテルでの食事

デザート以外は△、でもね

前菜 シーザーサラダ

メイン 魚(白身魚)、もしくは牛肉のチョイス 写真は魚

デザート プリン

<感想>滝を観て気持ちは高ぶるし、この日は滝の飛沫かぶりのボートに乗ったり、自分でヘリコプターに乗り上空からもイグアスの滝を楽しんだので、たっぷり楽しんだ日なのだけれど、実は運動量は少ないのだ。昼間のバイキングがスゴかったので、軽めがいいなあと思っていたら、ちょうどいい感じ。甘いプリンも美味しかった。
添乗員曰く「トラピックスのツアーって、お客さんが食事を期待するフランス、イタリアはがっかりなんだけれど、期待しない南米なんかはいいでしょう?」その通り。


5日目

ランチ ブラジル側の(夜は)サンバショーのある巨大レストランのブッフェ
Rafain 昼なのでショーはなし(笑)

ショーのないサンバレストランでのランチはシュラスコが特筆






<感想>ここも野菜からアイスクリームなどのデザートまでいろんなものが並んでいます。巻寿司の酷さはご愛嬌として、ここでの注目は通常のブッフェラインから離れたところにあるシュラスコです。今回の旅行ではここのシュラスコが一番美味しい。きちんと切り分けてもくれます。3種類の部位の牛肉は美味しいところを中心にもらいましょう。片言の日本語を話しながら紹介もしてくれます。それからチキンもおいしかったです。
せっかくの旨い肉なので、僕はブラジル一有名なカクテル「カイピリーニャ」を注文。ビールにも飽きて来ていたところなのでちょうど良かったです。肉に合うのでオススメ。


夜10時過ぎにペルーのリマにつき、この旅行2回目の弁当と思いきや…
弁当の用意ができていないとのこと!

10ドルの返金をしてもらいました。 僕はこんなこともあるかもなと思って、飛行機内の機内食をちゃんと食っておいてよかったです。
初めは返金とのことだったのですが、7日早朝の移動で朝食が簡単なランチボックスになるので、このかわりにきちんとした弁当を用意すると後に変更、でも、僕は朝こそいらないので、現金をもらったのでした。他の人は知らないでそのまま弁当をもらい捨ててる人多し。勿体ないです。

6日目

ランチ ビスコの海岸沿いのレストラン
Charela


飛ぶ前は食べない方がいいかも?



前菜 ホタテのチーズ焼(ホタテ小さッ!)


メイン 白身魚(スズキに似たセビチェ)のグリル マシュポテト添え

デザート アイスクリーム&チョコケーキ

<感想>世界遺産ナスカの地上絵を観るセスナが飛ぶ「ピスコ」。本来は飛行前のランチだったものが飛行後に。これが僕には良かったです。なぜなら、飛行中気持ち悪くなって吐きそうに。朝ご飯をほとんど食べなかったので実際には吐かなかったのですが、直前にランチを食べていたら間違いなくゲロゲロだったでしょう。こちらの料理はそこそこ、白身魚のセビチェなかなか美味しかったです。写真に撮り忘れたのですが、このレストランでは、土地の名前がついたカクテル・「ピスコサワー」のサービスがありました。これで十分だなあと。飲み物ついでにひとつ。これは無理してレストランで飲まなくてもラン航空などの機内には必ずある飲み物「インカコーラ」は旅行中には飲みたいもの。ここでしか飲めませんから。味は、懐かしいラムネのちょいレモン味という感じです。

インカコーラ

 
リマ市内のビルの中にある中華レストラン
富豪酒家 


お楽しみの中華。期待せずに楽しみましょう!


<感想>添乗員の言葉を先に書きましたが、この中華もそうですね。アメリカの普通の庶民の食べる中華の味ってこんなものです。ブッフェで量もありますし、お茶がサービスされますから美味しく頂きましょう。

7日目
ランチ ランチボックス


<感想>オリャイタイタンボのホテルに作ってもらった弁当の中身はご覧の通り。ペルーレイルの中ではコーヒーのサービスもありますから、バス移動で終わるこの日の昼食としてはちょうどいい感じかな?


マチュピチュ 
エル・マピホテル内レストランで。

嬉しい驚き!これが阪急のツアーの夕食なのか?


ピスコサワーの食前酒サービス(ソフトドリンクに変更可)
前菜 ポタージュスープ

メイン チチカカ湖のマス ポテト添え


デザート ケーキなど数種類からチョイス コカ茶付
<感想>ピスコサワーの食前酒のサービスに始まって、美味しく量もあり暖かくて身体が温まるスープ。パンを頼んだら美味しい暖かいパンをお替わりもさせてくれる。マスの料理は美味しいだけでなくご覧のように目にも優しい。デザートはチョイス。高山病にも有効という?コカ茶が最後について、これが今まで味わって来た阪急のツアーの不味く寂しい料理と比べると別天地で驚いたのです。そして、明日もここでもう一度食事だと思うと、明日の夕食も楽しみになったのです。

8日目

 サンクチュアリロッジでのビッフェ

美味しい!ソフトドリンクは飲み放題!



<感想>ツアーでビッフェは多く時にはいいのですが、毎回だと、正直いって自分で食事を取りにいく情けなさもあります。それでもこのサンクチュアリロッジは、マチュピチュ遺跡に隣接する唯一の宿泊施設でツインで最低8万円する高級ホテルです。ここのランチブッフェは種類も多く、それぞれが美味しく、さらにソフトドリンクは飲み放題というこで食べ過ぎになりそうです。このツアーのビッフェで一番いいものでした。楽しみにしていいと思いますよ!飲み物?僕はほら、インカコーラを何杯も飲みました。食後はコーヒーも。野菜もフルーツもおいしかったなあ。



エル・マピホテル内レストランで。

前菜 有機野菜のサラダ

メイン 牛ヒレのステーキ

デザート チョイス ういきょー茶付

9日目

 クスコ アルマス広場に面する
レストラン  La Estancia dei Inca



なんじゃこりゃ!いつもの阪急のレベルになったぞ!

このグループ。3曲やってCD販売しつこかったし、チップの要求もすごいです。お気をつけあれ。


前菜 キヌワのスープ

メイン スパゲティ

デザート フルーツサラダ コーヒー付

<感想>スープはうまかったですが、パスタは素人以下の味です。酷いです。食べない方がいいです。僕はパスタ食いませんでした。デザートもこれですから。でもこれ、いつもの阪急の食事のイメージです。このレストランは景色がいいので食事をするよりもアルマス広場の写真撮影をした方がいいです。ということで、この日は、マチュピチュのエルマピの美味しい朝食をしっかり食べましょう。


フォルクローレディナーですが、体調不良のためパスしました。一番盛り上がった曲は「上を向いて歩こう」だそうです。ブッフェだそうです。

10日目


リマの海岸沿いの名店 
Costa Verde
http://www.restaurantecostaverde.com/



この料理じゃ名店かどうかは判断できません。残念!




前菜 セビチェ料理 小ぶりのピスコサワー付

メイン ペルー風パエリア

デザート フルーツサラダ


<感想>リマの名店であるらしい。海からの風が店内に入り気持ちいい。確かに名店なのだろう。店には来店したセレブの写真やサインもある。しかし出て来たものはコリアンダー風味のパエリアを初めとして、この店の魅力を知れるものではない。前日のリマの昼食と並んで、阪急的な食事です。残念。


リマ市内の日本食 Centolla




和食ですが、見かけ通りの味と量です。


<感想>何も言いたくありません。今回の旅行には食事に来たわけではないし、前半が良すぎました。

11日目
サンフランシスコ フィッシャーマンズワーフ
Swiss Louis



旅の最後に旨いクラムチャウダー。暖かくて嬉しい。

前菜 サラダ

メイン クラムチャウダー(サワードブレッドに入った)

デザート バニラアイスクリーム コーヒーもしくは紅茶付

<感想>旅の最後、クラムチャウダーは旨い。パンまで食べるとお腹いっぱいになります。個人的には20年以上食べていなかったサンフランシスコの料理。何かいろんなことを思い出した。

拍手[18回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[28] [157] [156] [143] [150] [144] [136] [134] [133] [132] [130]
忍者ブログ [PR]
CoRichブログランキング