行ってみないと分からない。やってみないと分からない。世界中を旅して来た経済評論家佐藤治彦が、売り出されたツアーや航空券の分析などを徹底して比較します。みなさまからのマル得ツアーや航空券などの情報も受付けます。特にANAやユナイテッド航空等のスターアライアンスのマイレージを貯めているマイラーを意識して記事を書いて参ります。安いだけじゃダメ。安くていい旅を探す旅ブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 NONAME]
[05/05 Ryusan]
[12/24 NONAME]
[06/13 maxwell]
[04/03 NONAME]
[02/12 堀内明子]
[08/28 こえだ]
[06/23 佐藤よしひこ]
[06/05 mari]
[06/01 maxwell]
[03/15 megu]
[12/14 Chihiro]
[10/08 NONAME]
[08/02 mogu]
[07/14 みい]
[06/14 mogu]
[05/07 JiLL]
[05/07 きょん]
[05/03 斎藤明さんの添乗コース]
[05/01 きょん]
[02/17 mogu]
[02/05 貴田純一]
[02/04 すみこ]
[01/31 ごんべ]
[01/23 みい]
最新記事
(08/01)
(07/25)
(07/24)
(07/20)
(05/19)
(05/05)
(04/20)
(03/12)
(03/09)
(02/11)
(02/10)
(02/07)
(01/31)
(01/15)
(09/13)
(07/01)
(02/06)
(01/11)
(12/27)
(07/30)
(06/09)
(05/18)
(12/03)
(10/10)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐藤治彦
性別:
男性
職業:
経済評論家/演劇人
趣味:
海外旅行
自己紹介:
 この20年間は平均すると年間に平均8回は海外旅行をしている旅行好き。以前は、完全個人旅行ばかりだったが、最近はいわゆるパックツアーにも参加。おそらく年間に1000万人以上の日本人がパックツアーで海外にでかけ、そして多額のお金を使っているにも関わらず、その世界は魑魅魍魎。同じ場所に同じ時期に行くのに、価格差がメチャクチャあったりする。高けりゃいいのか。安くても大丈夫なのか?ネットでいろいろと調べても情報があまりにも少なすぎる。そして、多くの人にとって、品質と価格を比較することもほとんどできない。分からない。この参加してみなくちゃ分からないツアーに参加し、内容を克明に書き、ひとつの指針を与えたいというのが、このブログの開設意義です。
 テレビのツアー紹介番組は旅行会社とつるんでいますから信用できません。
 また、自分の行きたい旅行先のツアーを選ぶのに山ほどパンフを読み、お金にケチりながらも値段だけでなく良いものを選ぼうとしています。この旅行オタクぶりからツアーの吟味、研究もしてみたいと思います。正直、これだけ原稿料なしで書くのは、一応、原稿書きのプロとしてはありえないことなのですが、何かやってみたくて始めました。
 先ずは、最初にこのブログを読まれる前に、僕のツアー論を読んでみてください。


 僕は全日空スターアライアンスゴールドメンバーからスーパーフライヤーズメンバーに。おそらく日本で一番早くマイレージについてテレビ、ラジオで紹介した男。某大手旅行代理店で旅行企画もしたことも。そのうち国内旅行は2年間決行。参加者300名を越えるヒットツアーに。対決宣言!俺、山下マヌーさんには負けないです。リッチでなくてもプチセレブレティな旅をしたいです。ただ安いだけの旅に飽きたみなさまからの情報やご意見もお待ちしています。


今まで行った国、日本も含めて73カ国。
どっぷり行った国(訪問回数2回以上、もしくは、滞在日数2週間以上)
アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、台湾、タイ、トルコ、ベトナム、シンガポール、香港、スイス、インド、オーストリア、韓国、中国、ポーランド、チェコ、ハンガリー、オランダ、マレーシア、デンマーク、バチカン市国、ブラジル、マカオ、モロッコ、カナダ、メキシコ、フィンランド、ロシア、ギリシャ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシア、日本(38)


そこそこ行った国(5日以上)
イラク、アイルランド、南アフリカ共和国、モナコ、チュニジア、クロアチア、スロベニア、ノルウェー、ミャンマー、モンゴル、エジプト、ネパール、イスラエル、ペルー、インドネシア、ブルガリア、ルーマニア、バルト3国(エストニア、リトアニア、ラトビア)、アイスランド、キューバ、スリランカ、アラブ首長国連邦(25)

行った国(滞在日数2日以上)
スウェーデン、ボツワナ、ジンバブエ、アルゼンチン、ラオス(5)

通り過ぎた国(滞在時間半日程度)
ザンビア、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、スロバキア、ルクセンブルク(5)

これから行きたい方面、行きたいツアー。
 ケニア、シルクロード(中国)、ヨルダン、シリア、イラン、ウズベキスタンなど中央アジア、チベット(フリーチベット)アメリカ西海岸大自然ツアー、中央アメリカ、…また、ヨーロッパは奥深いので小さな都市中心にこれからどんどん深めて行きたいです。

著書/「ガイドブックにぜったい載っていない 海外パック旅行の選び方・歩き方」(アスペクト社)2012年8月発売!大好評で4刷
「アジア自由旅行」(小学館 島田雅彦氏との共著)
2014年には海外旅行本を2冊書き下ろします!

連載/海外旅行テクテク歩き LDK(晋遊舎)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/01)
(01/04)
(03/10)
(03/12)
(04/20)
(04/23)
(04/24)
(04/25)
(04/29)
(04/30)
(03/01)
(04/06)
(05/12)
(05/22)
(05/25)
(11/06)
(12/01)
(12/08)
(05/07)
(05/30)
(06/02)
(06/05)
(06/10)
(11/02)
カウンター
29980円でいったい何を食わせてくれるのか?

 まあ期待はしてないけどね!!



料理についての全体の感想…お腹はいっぱい。レストランはそこそこ。出てくる料理は庶民的な野菜など一般的なもので高級食材の名物料理なんてほとんどなし。「ほとんど」も取りたいくらい。安い食材で量を確保ということで、ほとんど、どこのレストランでも同じ料理ばかり麻婆豆腐青菜炒めチャーハンと、鶏ガラスープを何回食べたことか。ツアーパンフに書かれる排骨などはひとり1切れ。さらに、ツアーに付き物の飲みもの。ビールはほとんど飲めめません。出るのは中国の「味がいまふたつの」発泡酒ばかり。地元のレストランじゃ6元で出される元値3元の発泡酒が全てのレストランで統一価格30元。ツアーに参加していた日本在住の中国人留学生曰く「どんなに高くてもこれは10元でしょ」。頼む5倍の価格でもいいから、発泡酒じゃない普通の青島ビール飲ませてくれ!コンビニで買ったちゃんとした青島ビールうんまかったな。

 旅行から帰って半月が経ちましたが、中華だけは食いたくない!



2日目昼 萬年青飯荘 (蘇州)


 多くの人の上海江南ツアーの蘇州でのレストランに登場するのがここ。行くんだろうなと思ってたら行った。



注意して頂きたいのは、これらの料理は10〜12人用であるということである。旅行パンフでは「田舎料理」。実際は「民衆料理」ということでしょうか?特に特徴もない中華でした。

 ツアー中の食事で何回かでてきたもので一番人気がこれ。トマトとタマゴの煮。奪い合いになります。

これを食べると、丸美屋の「麻婆豆腐の素」の偉大さが分かります。



 ツアー最初の食事なのでみんな少し遠慮がちでした。でも20分でこんな感じ。

 みんな黙って黙々と食べます。黙々と。





では次







2日目夜  唐城大飯店 (蘇州)







夜は『蘇州料理をお召し上がり下さい』ということでした。

街の中にある庶民的なレストランでの夕食。何か楽しいです。出て来たものは以下の通り。もう一度断っておきますが10人〜12人前です。



 いえいえ、ただのタマゴの甘酢かけです。



 今回のツアーでは、炭水化物系の料理は山ほど出てきました。ご飯類と豆腐、あと麺類ですね。ただし、この麺などメチャクチャゆるゆるな麺でして、日本のラーメン道の世界で麺を食べているものからするとどうも本場中国のはずなのにと思ってしまいます。この麺では、あの日高屋の380円のラーメンでさえ中国に来れば偉大な名店になれるのでは?と思える様な味でして、一口で退散しました。



きっと今宵のメインのひとつはこの小魚なのですが、何しろこれで10人前なので、ケチャップのことしか分かりませんでした!(ちょっと文章が嫌み系になっているので以後、控えます、何しろ298の旅行なので)そして、多くの人がこの料理で、遠慮したらありつけないルールがこのツアーにはあるということを学んだようです。



空芯菜を始めとする青菜料理は健康的で大好きなのです。野菜料理が比較的出て良かったです。中国が天候に恵まれ野菜がちゃんと取れたので出せたのでしょう。良かった〜。



 あげたおせんべいみたいな奴です。何て言ったっけ?おこげのような食感の。





 昼間の麻婆豆腐は丸美屋の偉大さを感じさせてくれましたが、夜の麻婆豆腐は、その昼の麻婆豆腐の偉大さを感じさせてくれました(泣)。小学校の時に、給食を残して池田たみ子先生に叱られたことを思い出しました。





 本日のメイン料理その2 ダック料理です。はしの大きさから類推してください。ええ、下品に大きく口を開けなくても一口で頂けますので、気の使い方に感謝です。ひとり一切れです。ただし、その一切れも、口に入れたら骨だらけだった方は、おっと残念!日本で食べてね!となります。





無錫には行かなかったと言っていいと思います。無錫市を車窓から垣間みることさえ無かったからです。良くわからない三国志のテーマパークも別の日に同じツアーに参加した人のブログを読むと訪れたところをも次々と飛ばされて、三国城は、船に乗るために通っただけ。太湖の船は20分。その湖が汚くて何も見えない。もやが掛かって何も見えないという、ちょいと呪われたツアーな感じがして出かけたのがこちらのレストラン。テーマパークからバスで10分ほどのところにあります。



3日目昼 中水大酒店 zhongshui hotel (無錫)



 団体用専門のレストランのようでした。一応ホテルなのでしょうか?レストラン中探してもメニューなどないのです。こちらで出た30元の発泡酒がこれ!

 さて、料理です。



 と、今までの料理と私にとっては同じようなものばかりが出て来ました。でも、ここでは無錫料理が出るはずだと。募集パンフにも「無錫料理」と書いてあるので、昨日のとはどこかが違うものを頂いているのだと思うことにしました。そして、重要なことを思い出したのです。バスの中でガイドの陳さんが3回も4回も今日のお昼はスペアリブが出ますよ!出ますぞ!と話していたことをです。そう、今日のメインは「無錫排骨」ということ。ガイドさんは、それをスペアリブと言ってました。どれだよ、どれ?





 どれだろう???ちなみに麻婆豆腐がなかったかわりに出たこの豆腐煮に小エビをかけた奴。笑えますよ!お楽しみに。一切れ以上取らない様にオススメします。



 これは絶対違うし、すごく微妙な味だし…。



 ちなみに上記2品はウマかったです。瓜が美味しいし、ニンニクの芽ぽいものも美味しかったです。

 ということで、無錫のスペアリブは以下のものでした。

 ひとり一切れですよ!これで10〜12人前なんですから!!



 中国の人が嫌いなわけじゃないですが、今回のツアーは在日の中国人の人や、帰化されて日常語が中国語みたいな方も多数おられて、同じテーブルに座ると、あいつら容赦ないです。遠慮していた栃木の親子(オヤジと長男の二人旅)は残ったチャーハンで腹をみたしてました。186センチもあるのに。人生の厳しさを学んだのではないでしょうか?



 この中水大飯店 入口に果物やちょっとしたみやげ物を売ってます。これが実はトラップです。

馬鹿高いです。街のコンビニで2元で売ってる酒が10元とかです。

果物などは市価の10倍と言っていいと思います。ご注意下さい。ご注意下さい。もしくは、知らないまま買って信じて下さい。「あら、中国の果物って日本の値段と変わらないのね」と、信じて下さい。 



では、つぎ!



3日目夜 百合花飯店 (杭州)





 杭州に入って、料理の味がちょいと上がります。嬉しいオドロキでした。

 レストランもきれいです。さすが経済が蘇州よりも発展しているだけあります。

 



 何となくおなじみの料理ばかりですが、前の3食に比べて味が良くなりました。

麻婆豆腐も適度な辛みがあってこれならOKです。

サイズを大きくしてみました。これ、蒸し鶏なんですね。でも10人で分けるのでほとんどありません。でも皆で分け合って楽しく頂きました。容赦ない人もいましたが…。

もうひとつサイズを大きくしています。

なぜなら、皿の半分にしか料理が乗ってないんです。忘れたのかな?

もしかしたら酢豚は杭州では皿の半分に載せるのが風習なのかもしれませんね!

(また嫌みモードだ。ゴメンナサイ)

 

 笑えますね。



 ああ、杭州ではデザートも出ましたよ!





 

プチトマト!ちょっとちょっとひとり1個ですよ!



笑えますね。笑えなかったのが30元も出して飲んだこの発泡酒!













4日目昼 マーガレット酒店(紹興)





 4日目の昼料理は紹興の駅前にある一等地のレストランで紹興料理です。紹興料理とは何か?調べると次のようになっています。紹興料理…紹興を発祥の地とする。淡水魚と水鳥、家禽の調理に優れ、柔らかい歯触りで濃いスープを特徴とする。

成るほど、どうも淡水魚と肉が出て来るようです!


 では、出たものをご紹介します。




いやあ、良くわかりませんね。魚や肉料理じゃないですもんね。あ、出てきましたよ。お肉も魚も。

 ただ、これで10人前。

最後にスイカが出てきました。


 紹興料理は味が濃いめということですが、濃かったのかもしれません。
この時期になると、皆さん食べるのに忙しく味わって食べていると無くなってしまいます。小さな皿にいろんな料理を載せなくてはいけないので、味も混ざってしまいます。いやあ、貧乏っちいですね。
 魚も肉も、あの量で10人前ですから、味わうところまではいかなかったというのが正直なところです。レストランの方が心配して言って下さいます。「足りなかったら白ご飯を出しますよ〜」。ビールは青島ビールなら飲みたいと言ったのですがやはり出て来たのは発泡酒でした。日本では飲めないのだから…とポジティブシンキングしたいんですけどねえ。





 

4日目夜 風寿大酒店 (杭州)


 レストランの名前。写真を見て頂いたら分かるように違っています。

寿にさんずいがついてますよね。

 このレストラン。地元中国の人も山ほど来ています。今までの夜のレストランと比べると圧倒的な高級感が漂います。個室を開けっ放しにして食している中国の人たちの料理を見ると本当に美味しそうです。そこまでは行きませんが、このレストランでの料理は今までの料理の中で一番おいしかった!です。

 
 この魚は小骨が多く、ちょっと食べにくいです。特にこれを全く赤の他人10人と分けるとなると、きれいに取りたいのですがなかなかできなくて。

 このスープも瓜が入っていて美味しいです。食材はたいしたものではありませんがおいしいんです!ツアー代金が安いので高級食材を使った料理は全く期待していませんでしたが、こういうおいしいものを待っていました!

 やっと丸美屋の麻婆豆腐の素で作るもの以上の味の麻婆豆腐です。
 これを食べたとき、ほっとしました。

 今夜のメインです。これはひとりひとりに配られます。トロトロの豚肉です。角煮の10倍トロトロです。脂だらけですが、ウマかった。これお替わりしたかった!
 最後に

 このレストラン。美味しかった。雰囲気も良かった。


5日目昼 七宝老飯店(七宝)


 旅もいよいよ大詰め。上海に向かいます。上海に行く途中に立寄った感のある七宝。もう水郷系は山ほどみたし、それほどいいところでもないので、ランチのためにわざわざ来たという感じです。観光の解説もなくただ自由散策。食後に40分くらいありました。庶民的な商店街が広がります。しかし、この自由時間が良かった。上海から地下鉄で来られるこの場所で、ガイドさんがバスの中で売る市場価格と乖離しているお土産でなく、普通のお土産を買うのに絶好の時間となりました。散策するよりもお土産を探す時間に使うことをオススメします。烏鎮で買った藍染め。もっと欲しかったと思っていたらここに売店があったので、幾つか買いました。値段も同じです。良かった〜。

 あ、レストランの話です。ガイドの陳さんの話だと、この街でもっとも古いレストランのひとつらしいです。2階建てでお客さんも確かに入っていました。
 70カ国近く廻り世界中のいろんなレストランに行きましたが、僕にとって初めての経験もあるレストランでした。
 

味も良かったと思います。
 

 これは魚の内蔵です。匂いがすごくて僕はパスしました。

 この魚料理きれいですよね。廻りの豆がうまかったです。

 これ量が少ないですが、それでも問題ありませんでした。

この頃になるともう中華に飽きているはずです。特に昨晩おいしい中華を頂いたのでわざわざそうでもない中華を今更食べたくありません。何でツアーは一日3食も食べるんでしょうか?時に昼ご飯は抜いて欲しいです。僕はほとんど食べずに、青島発泡酒ビールを30元出して飲んでいました。

ここのレストランは相当追い込まれている様でした。

1、お茶が出ません。飲む場合には有料です。
2、紙のナフキンが出ません。欲しい場合には1元で有料です。

特にナフキンが有料のレストランは世界でもここが初めてでした。


5日目夜 呉記小菜 (上海 外灘そば)


 

 夜の料理はおいしかったですよ。相変わらず発泡酒しかでませんでしたし、麺はダメでしたけれども!


6日目昼 上海 旺角酒家(上海、豫園商城すぐそば)


 ここまで来ると、29980円のツアーの料理の意味を噛み締めるようになりました。ここは点心料理ということなのですが。小龍包は美味しかったです。上海は新天地などおしゃれな空間も広がってきましたが、こちらは堂々と昔の中国のイメージ。庶民的な雑居ビルの中にある、庶民的なレストランでの飲茶です。



 味は悪くなかったです。

 飲茶もありましたよ!





6日目夜 鼎堅酒家(上海 Ding Dong ホテル内)

 旅の最後のディナーは少し豪華になるのが通例です。
 今回のツアーでも大変きれいなレストランでした。料理は今回のツアーで出た料理のハイライトみたいな感じでした。ツアーパンフでは「上海料理」ということです。日本から参加していた中国人、帰化した元中国人の何人かの人は夜の食事をパスして自分たちで食べにいきました。


ほらテーブルも何となく豪華!


いやあ、朝食のブッフェも中華系のものが多かったので、ホントに中華ばかり。こんなに中華をたべることなんて滅多にないですよね。
ごちそうさまでした!


皆さんがこの種のツアーを考える時の参考にしていただければ幸いです。
中国に行く魅力のひとつは、本来は中華料理を食べることですからね。
撮影に協力して頂いたツアーメイトの皆さんありがとうございました!


拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[186] [180] [174] [183] [168] [176] [175] [172] [28] [157] [156]
忍者ブログ [PR]
CoRichブログランキング